Down Up Maze

0

実物は,畳二畳ほどの大きさの板が図のように配置されている。全体が見渡せる程度の大きさ。
スタートからゴールをめざすのだが,ルールはひとつだけ。
「上り下りを交互に繰り返して進みなさい。」というもの。

すぐにルートが見つかりましたか。
私は残念ながらその時,すぐにルートが見つかりませんでした。ひょっとしたら板の配置がまちがっているのではないかと思ったほどでした。

くやしかったので,何も用意していなかったが,パンフレットの隅っこにメモして帰った。それを元に作った物が画像のもの。
よくできている。

後でわかったのだが,エド・ペグ・ジュニアの作品とのこと。
案内してくれた迷路作家,エイドリアン・フィッシャーのものだとずっと思っていた。彼も同様の物をつくっているが,こちらの方がよくできている。

Default
  • File

    CRASH AND BURN 場外劇場

    2022/6/2 - 編集済み

    本当に自の足で迷路を歩くパズルとは凄い発想ですね。
    しかも板を組み合わせるだけで出来る頭の柔らかさ。
    パズルの奥深さを見ました。

    返信する
    • File

      PUZZLART

      2022/6/2

      画像で是非とも試してみてください
      コースに使われていない板はどれでしょうか

      返信する
  • 難しいです… 思ったよりグルグル回る必要が。

    返信する