バンダイ版

0

現在のコナミが商品化している遊戯王OCG発売以前、1998年~1999年に遊戯王(東映版)放送と共にバンダイにより商品化されたカードゲーム『遊☆戯☆王カードダス』に収録されていた2枚のカードです。

・青眼の白龍
・真紅眼の黒竜

最後の画像2枚(原作より引用)の通り、原作に登場する主要キャラクターが使っていたカードで、遊戯王の所謂看板モンスターと言えるドラゴンになります。

当時のゲームは、現在の遊戯王と比較すると魔法や罠カードの種類が乏しく、モンスターの攻撃力が勝敗に大きく影響する環境であったため、この2枚のカードは今以上に強さの象徴のような存在でした。

スーパーマーケットの入口にカードダスが設置してあり、見かけるたびにお小遣いを使ってカードを引いていたことを今でもよく覚えています。この2枚を引いた時はとても嬉しく、現在に至るまで大切に保管してきました。私がTCGを始めるきっかけとなった思い出深いカードです!

Default