三菱ミニキャブトラック 1990年2月発行

0

4代目三菱ミニキャブトラックの最終型です。

軽自動車の規格改正に対応し、バンパプロテクタ装着により全長が延ばされ排気量が660ccにアップしました。ただし、スーパーチャージャー車は550ccのまま全長のみ延ばされました。

写真のモデルは660スーパーデラックス3AT(3方開)です。

この時のマイナーチェンジにて、初めてミニキャブトラックにAT車が設定されました。(2WDスーパーデラックス・3方開のみ)

グレードは 
【660】
GL(2WDのみ)/マイティ/スーパーデラックス/スタンダード 
【550スーパーチャージャー】
マイティ(4WD)/スーパーデラックス(2WD)
となっています。

【660】
エンジン型式:3G83型水冷直列3気筒OHC
総排気量:657cc
最高出力:38ps/5500rpm

【550スーパーチャージャー】
エンジン型式:3G81型水冷直列3気筒OHCスーパーチャージャー付
総排気量:548cc
最高出力:46ps/6000rpm

Default
  • File

    kyusha_fan

    2021/8/10 - 編集済み

    そう言えばこの軽トラ見てましたね。
    急に思い出しました。もう30年も経つんですね。
    しかし軽トラは今の車と比べてもそんなに旧くは見えないですね。

    返信する
    • File

      Ratteboss

      2021/8/11

      コメントありがとうございます。

      確かに軽トラは不思議とそんなに旧く見えないですね。4代目のミニキャブはもう30年前の車になりますが、トラックに限ってはたまに現役で走っているのを見かけます。最近の軽トラに比べるとなんだか可愛らしい印象です。

      返信する