日野コンテッサ1300

0

現在はトラック・バスの専業メーカーとなっている日野自動車が嘗て自社生産していた小型乗用車、コンテッサ1300です。コンテッサとしては2代目に当たり、4ドアセダン仕様の再現になります。

1961年に初代がデビューし、1964年にモデルチェンジされたコンテッサは、ルノーの拡大版であった初代のエンジンとは異なり日野自動車自社設計のエンジンを搭載していました。4灯ヘッドライトと細いピラー、長いリアデッキを基本とするそのスタイリングは、ジョヴァンニ・ミケロッティが手がけており、セダン・クーペ共にイタリアのコンクール・デレガンスで複数年に渡り4度の賞を受賞する程の優雅さが特徴でした。リアエンジン・リアドライブの駆動方式も特徴であり、当時の日本製乗用車の中においてもスタイルや性能は傑出していました。しかし、小型乗用車の主流はすでにフロントエンジンに移っており、国内販売は振るわず1967年に生産終了となりました。以来、日野自動車は乗用車の自主開発から撤退する事となりました。

コンテッサのミニカー自体珍しい存在であると思いますが、セダンとなるとほとんど存在せず、トミーテックのマニアックさがひしひしと感じられます。セダンボディでも、非常に優雅なスタイリングであるという事を改めて認識出来ます。ホワイトのボディにレッドの内装の組み合わせが、高級感に溢れていると感じられます。特徴的なリアスタイルも忠実に再現されています。現在のトラック・バス専業メーカーである日野自動車のイメージでは考えられない程、この様な国産車離れした美しいスタイリングの乗用車が生産されていた事実に改めて驚かされます。

Default