三菱ミニキャブ 畳店仕様

0

三菱の軽トラック、ミニキャブの3代目後期型です。畳店仕様となっており、1981年式の再現になります。尚、懐かしの商用車コレクションでは42号にして初の三菱車になります。

3代目ミニキャブは1976年に登場しましたが、当初は当時の軽自動車の規格改正に対応し切れず、360cc車のボディサイズを基本に全長だけが伸ばされた上で4サイクル471ccのエンジンが搭載された「ミニキャブ5」として完全新規格車までの暫定モデルが販売されていました。尚、この時に初代モデルのまま販売され続けていたバンも漸くモデルチェンジされています。

1977年5月には大規模なマイナーチェンジが実施され、ボディサイズのアップと共に、エンジンも546ccの2G23型に換装されました。尚、以後マツダにもポーターキャブ用にこのミニキャブのエンジンが供給されています。ナンバープレート取り付け位置が中央から運転席側にオフセットされており、個性的な雰囲気になっています。車名がこのタイミングで「ミニキャブワイド55」となっており、完全新規格車である事をアピールしています。その後1979年のマイナーチェンジでフロントグリルのデザイン変更及び農協専売モデルである「ミニキャブ営農用」の追加がなされました。1981年のマイナーチェンジでは名称が「ミニキャブ」に戻され、更に1982年の一部改良で4WDの追加及びフロントグリルのエンブレム変更(MM→MMCエンブレム)が行われました。約8年のモデルライフにおいて、軽自動車の規格改正を経たとはいえ貨物車としては非常に目まぐるしく変化のあったモデルと言えます。

ミニカーでは、名称が「ミニキャブ」に戻されたタイミングである1981年式のトラック三方開を再現していますが、ヘッドライト内に横スリットが入ったデザインのグリル、可愛らしい10インチホイール、ボディサイドのプレスライン等随所に拘りが感じられます。ややくすんだ感じのするパールホワイトのカラーリングも、3代目ミニキャブならではの味わいが感じられ大変魅力的です。可愛らしい車体の荷台に畳12枚が上積みで積載された姿は、何とも勇ましい雰囲気を感じます。屋号の「和気畳店」は、岡山県和気郡和気町から取っているとの事です。尚、ミニキャブが生産されていた水島製作所がある岡山県にちなんでか、ナンバープレートは岡山ナンバーとなっています。

これまでほとんど製品化されていなかった3代目のミニキャブですが、この魅力的な仕上がりを見ると本シリーズで製品化されたのが実に有り難く思えます。本シリーズにおいて排気量550cc時代の軽トラックが随分充実してきた印象です。次代の4代目は未だに現役を見かける事がありますが(中期〜後期のトラック)、流石にこの3代目は廃車体ですら見かける事が無くなって来た様に思えます。子どもの頃はこの3代目トラック(79年式以降)を割と近所で見かける事が多かった為、個人的にはこのミニカーを見ると懐かしい気持ちにもさせてくれます。

Default
  • File

    bigmac

    2022/08/01 - 編集済み

    近所の畳屋さん思い出しました。niceコレクション(*^^)v

    返信する
    • File

      Ratteboss

      2022/08/01

      コメントありがとうございます。

      いかにも昔ながらの畳屋さんで活躍していた感じがしますね。

      非常に魅力的なミニカーだと思い、気に入っています。ありがとうございます!

      返信する