ケムール人 モノクロペイント

0

ポピーのケムール人…

この消しゴムから、私の怪獣消しゴムペイント人生はスタートした
と言っても過言ではない

詳しくは秘密(笑)

ケムール人をまた手元で再び拝見する日が来るとは思いませんでした
改めて見てみますと…
へぇ…こんな造形していたのね
と、発見も多く

先日の不二家のケムール人と比べると、十字もない…後頭部も…あれれどう塗りますか…
造形無視して十字に塗りますか…相談

「ペイントして初めて、ポピーの造形に気付く人も多いはず。汚れやシミを探すのではなく、造形、見て欲しいですよね」
ある方にご助言頂き、ハッとしましたね…

当時の造形師さんリスペクト、なんて言って、全てのモールド生かしたい、なんて言ってたけど、造形無視してイメージ通りのケムール人にしようとしていました…反省

造形そのままに
塗りました
200%納得

背景を消しゴムのサイズに合わせて配置

これ以上ない思い出深い作品になりました(*^^*)2021.1.12感謝!

https://muuseo.com/ReireiPaintArt/items/396
https://muuseo.com/ReireiPaintArt/items/314

2作目はこちら↓
https://muuseo.com/ReireiPaintArt/items/1161

Default
  • File

    Fortune Lens

    2021/5/17 - 編集済み

    「汚れやシミを探すのではなく、造形、見て欲しいですよね!」
    良い言葉ですね!!
    人は直ぐに欠点を指摘するけど、最初に良いところを見つけるように、
    人でも物にでもこの頃は心がけています。

    モノクロペイントで、質感を出すのは、
    造形を知り尽くしていないと出来ない芸当ですね!

    昔、言われた言葉に、モノクロで桜を撮影して、桜の花びらの桜色を
    表現出来るようになれ ………
    写真は、光の陰影での立体感の表現ですから、
    今のカラー時代、色に捕らわれて、物の質感が感じる
    ことが少なくなってきているような気がします。
    改めて、モノクロで撮影しようと思います。

    返信する
    • File

      Reirei Paint Art

      2021/5/18

      Fortune Lensさん📷

      はじめまして。
      こんばんは。
      深いコメントをありがとうございます。

      20年以上前ですが、私はずっと写真屋さんで働いておりました(今は全く違う職種で11年経ちますが…)
      その頃既にモノクロ写真を撮る方は少く、カラーネガをモノクロ調に焼く、ということが機械で簡単になり、それを希望する方がたま〜にいたくらい。
      カラーをモノクロ調にした写真は、やはり普通のモノクロ写真とは違いましたね。
      濃淡とか、影の表情とか…。
      お客様が少ない日には写真集とか見ながらの店番…
      モノクロの写真集はどれも見応えありました。
      モノクロから色を想像するのが楽しかった事を思い出しました。
      モノクロで桜の花びらの桜色を表現…かぁ。
      深い言葉ですね…。
      こちらのケムール人も良く見て下さったから桜のそのコメント下さったのですよね🌸ありがとうございます。
      いつも怪獣をカラーでペイントしている時はあまり気づきませんが、影って難しいんだなぁとこの時改めて思いました。
      このウルトラQのモノクロ塗装のチャレンジの時は、たった2色でどこまで表現出来るのか?…最初は写真と見比べながらの試行錯誤…。
      背中や膝の辺り、撮影時の影ではなくペイントで付けている影だ、と、気付いて下さる方、本当に嬉しいです。
      モノクロ写真かと思った、と言われるのが一番嬉しかったり…笑

      怪獣消しゴムの造形は本当に素晴らしいモノが多いんです。
      あの小ささの中に表現されたモールドは、塗ると更に表情豊かに現れます。
      色に捕らわれずに質感や陰影を出す…
      私もまた少し、モノクロ怪獣、増やしてみようかなぁ😋👌

      懐かしいこと沢山思い出しました。
      出来る事ならずっと写真屋さんで働きたかったかなぁ…めちゃキツイお仕事でしたが…笑
      でも、今のお仕事も自分には向いていると思い11年ですから、このままずっと続けたいなぁ…とか。
      写真は今でも趣味で続けてます(画像加工メインですが)

      あ、長々すみません…
      とても心に響くコメントでした!
      ありがとうございました。
      これからも、よろしくお願いします😌👍

      返信する
    • File

      Fortune Lens

      2021/5/18

      丁寧なコメントありがとうございます。

      ケムール人、知らないのでネットで調べてたら、夜が明けてしまいました。
      パトカーに追いかけられるケムール人の写真の意味が分かりました。
      特撮テレビ番組『ウルトラQ』をはじめとする「ウルトラシリーズ」に登場する架空の宇宙人、凝った写真ですね!
      1993(平成5)年、森高千里出演、サントリー「アイスジン」で「ケムールGIN」として登場していて、これは、見たことがあるような気がします。TV、マンガ余り見ないので、知っていればもっと怪獣消しゴム楽しめただろうと思います。
      ウルトラシリーズ、一寸縁ががあります。昔、松竹映画手伝っていた時にシネマワールドが出来て、僅か数年で消滅してしまいましたが、松竹と円谷プロのコラボレーションで、シネマワールドでウルトラシリーズを紹介する企画があって、展示する前に閉館してしまい、幻の企画でした。
      今は、女子大になって撮影所が有った形跡は、交差点の「松竹撮影所前」の看板だけです。

      更に調べているとウルトラQに、知っているかも知れませんが、ウルトラQ dark fantasyと言うのがあって、その中の作品に心を打たれたので紹介したいと思います。
      https://www.youtube.com/watch?v=DVn_5jMYkvU

      大型カメラで撮影していると、ご老人の方から遺影を撮影頼めますかと、何回となく声を掛けられたことがあります。
      初対面の方ですから、最初は表情が硬く、話していると表情が柔らかくなって、その人の人生の一番良い表情を撮ってあげたいと思います。フィルムカメラには、多分魂を吸い寄せる薬品が塗布して有るのでは無いかと思っています。
      出来れば飾って欲しくない写真ではありますが、既に20年前後前の話ですから、仏壇から家族を見守っていることでしょう ………


      返信する
    • File

      Reirei Paint Art

      2021/5/18 - 編集済み

      Fortune Lensさん📷!

      素敵な動画を見つけてきて下さり、ありがとうございました。
      偶然にしてはちょっと…という事が沢山!
      実はおととい早朝散歩に家族で根津神社へ…⛩(モノ日記『ダダさんぽ』参照)
      この鳥居、根津神社ですよね?!
      エンドロールに出てました。
      まさにこの場所に立ちました↓

      そして私と主人も「写真屋」が縁で結婚致しまして…。
      ちょっと偶然だなぁ。
      それに、ウルトラQにも縁がありまして…
      「カネゴンの繭」というお話の中で、カネゴンが子供たちと銀行から走って逃げるシーンがあるのですが、それ我が家の前の道なんですよ。
      商店街真ん中あたりの美容室には大きなカネゴンのソフビが飾られてます。

      そして今、怪獣消しゴムをペイントしているのも、40年以上も怪獣消しゴムを大事にとっていた主人と出会った事が運命ではと勝手に思っておりましたが。
      こうしてFortune Lensさんとお話する為、ていうのもあるのかもですね!笑

      私も違う形ですが、写真屋の時によく遺影を頼まれました。
      写真屋のお客様はお年寄り多いですが、旅行に行く度に「これが最後かもしれない」と思うんだそうです。
      それで、綺麗なお花や景色のところでは、必ずグループ写真の他に、自分一人だけで写してくる方がいらして、その方はよい顔のものは常に引き伸ばして、自分自身で遺影写真を更新。
      良く一緒に選んで焼いてあげました。
      「人が選んだ変な白黒はイヤよ、お花をバックの可愛い写真を飾るの」
      とおっしゃっておりました。
      その方は希望通りに、ご自身で選んだお写真と共に天国へ。
      その方が大好きだったムスカリの花を見ると、今でも笑顔が思い出されます。

      高齢夫婦がやっていた写真屋でしたから、お客様はみな、私がそこの娘だと思っていたようで…
      息子さんもおりましたが写真屋は継がずで…
      私と主人に、写真屋やらないか?みたいな話もありましたが、色々あり結局継がずに閉店…
      今写真屋やっていたらどんな人生だったかなぁ、少し、考えちゃいましたね、しみじみ。

      Fortune Lensさんが撮って差し上げた遺影写真は、きっとそのご家族の心の支えになっていると思います。
      大判カメラを構えている方なら写真得意なはず、頼もう、と思う気持ちは分かりますね😊
      けど、話しかけにくい人も多々いる中で、何度も頼まれるというFortune Lensさんは、きっと朗らかで温和な雰囲気の方なんだろうな…と想像しちゃいました。

      これからも、大好きなカメラと共に、生きた写真たくさん撮って下さいね。
      そしてたまに日記で見せてくれたら嬉しいなぁ😍📷

      私もウルトラマンには詳しくなく、ペイントが大好きなだけなので、塗るときに初めてその怪獣を調べている、という感じです。
      詳しい人も、詳しくない人も、楽しめるような活動を続けていきたいです。

      File
      返信する
    • File

      Fortune Lens

      2021/5/18 - 編集済み

      偶然がかなり重なりましたね!写真繋がりですね!
      今、写真屋やっていたら、楽しかったかも知れませんね!
      でも、家族の絆が薄らいで少子化の時代、写真屋の経営はかなり厳しいでしょうね!

      子供が生まれたのを機に、スタジオ辞めてフリーになって、夫婦で子育てしていました。日に日に、表情が豊かになっていく、赤ちゃんから幼児に変わる3歳ぐらいまでは、とにかく可愛い!! 毎日写真を撮っていました。
      可愛い我が子を見ながら3歳ぐらいまでは、託児所に預けないで子育てして欲しいと思います。撮影の仕事も、公園のパンフレットとかにシフトして、親子で公園巡りしていました。

      根津神社のツツジ祭り写真撮りに行きたいと思いながら、今年も行けないまま、ツツジの季節が終わってしまいますね!
      今は、花、植物を専門に写真を撮っています。元々、花が好きなので、礼文島から西表島まで、全国の花のある風景を撮って廻っていましたから、都立神代植物園からの撮影依頼の話は結構嬉しかったです。公園には約3000種の植物が植えられていて、知らない花を一杯見させて頂けて感謝です。ギャラを全部フィルム代と本代に使ってしまったので、10万カット写真と牧野植物図鑑は、未だに宝物です。

      最近まで、花屋&造園屋に、週1-2度顔を出して手伝っていました。花に触れ合っていると、心が和みます。
      お客さんのお宅にお邪魔して庭の写真を撮ってきて、コンピュータで庭にお薦めの植木を3Dシミュレーションして写真を差し上げると、植栽したイメージが掴めるので好評でした。花の管理や栽培の仕方は、植物園時代に職員の方から教わったので、結構役に立ちました。お散歩していても、お花の名前が分かるは楽しいです。

      そうそう、怪獣物だからてっきり男の人かと思っていたら、一児の息子のママ、コメント読んで知りました。
      息子さんと一緒に、消しゴムアート楽しみにしています。

      File
      返信する
    • File

      Reirei Paint Art

      2021/5/18

      Fortune Lensさん📷

      男性に間違われることしょっちゅうなので慣れてます✌
      まだペイントで女性の仲間がおりませぬ…😅

      利尻島、礼文島、は、東京からなんと車で行きましたよ!(新婚旅行)

      Fortune Lensさんはお仕事が趣味や日常と重なり、全てがひとつになっている感じですね。
      3Dにしてくれるなんて、良いサービスだわ、さすが。
      お花を撮るお仕事素敵だなぁ!
      では来年、根津神社のツツジ満開の前で待ち合わせましょう〜😁👌笑笑

      わんこ可愛い〜👏
      Fortune Lensさんちの子??

      返信する