ウルフェナイト4.966ct

0

断言できるのは、当該石を超えるクオリティを持ったウルフェナイトの裸石を扱うショップは国内には存在しないということです。まず間違いなくミュージアムクラスの裸石でしょう。

まず、当該石を初見で見た場合、ダイヤモンドでなければ、考えられる金剛光沢を持つ石は、セルサイト、アングレサイト、あとは稀産のフォスゲナイトぐらいでしょうか。ウルフェナイトという回答を出せる方はコレクターにもいないと思います。

鑑別書記載の通り、色は完全なカラーレス。つまりはクロム等不純物が一切含まれない純粋ウルフェナイトです。

ヘビージェムなので、重量の割に小さいです。クラウン部分に惜しくも2カ所クラックがありますが、この裸石の稀少性からあまり関係ないです。

実は産地はかなり曖昧だったのですが、おそらくツメブ鉱山であろうと、情報収集の結果、詰めることができましたので、開き直ってラベルにはツメブ鉱山産と記載しています。マイベストコレクションの中で特に貴重な裸石です。

鉱物名:ウルフェナイト
宝石名:ウルフェナイト
組成:PbMoO4
重量:4.966ct
産地:Tsumeb Mine, Tsumeb, Otjikoto
, Namibia
鑑別:日独宝石研究所

Default
  • File

    Peak2

    2019/2/24

    5ctのウルフェってだけで貴重なのに
    このカラーはビックリですね
    確かに独特なファイアが白地に映えますね~
    素晴らしいです

    ナミビア産の特徴なのかな~ 一度であってみたいです
    あ、極小で良いので^^; 

    返信する
    • File

      shm

      2019/2/24

      コメントありがとうございます😊
      ウルフェナイトでカラーレスの特徴があるのはナミビアはじめモロッコなどアフリカ産、たまに米国、メキシコ産という感じではないでしょうか。
      日独に無理をいって産地同定をやってもらいましたが困難と言われてしまったので、レアストーンを扱う複数のショップに照会をかけて、扱ったことのあるいくつかの業者にツメブ鉱山産てあろうと回答してもらった次第です。

      小さいものは、どうでしょうか😅

      返信する
  • File

    Peak2

    2019/2/24

    5ctのウルフェってだけで貴重なのに
    このカラーはビックリですね
    確かに独特なファイアが白地に映えますね~
    素晴らしいです

    ナミビア産の特徴なのかな~ 一度であってみたいです
    あ、極小で良いので^^; 

    返信する