フォスフォフィライト1.081ct

0

インクルージョンは多いですが、1ctアップはサイズとして充分かなって。

宝石の国というアニメの影響で、とんでもなく値上がりしています。しかしそれ以前からコレクターの間では垂涎の的になっていました。

産地のボリビアはポトシでは50年以上前に既に採れなくなっており市場のものはもはや還流品のみ、しかも硬度3半でもろくカット成功率は20%程度でルースは更に希少、、、とカットストーンは特に珍しい宝石に位置付けされています。しかも青っぽいグリーンで、透明結晶のものはコレクターが探し求めてやまないほど大変綺麗な輝きをみせます。

当該石は今のように宝石の国の影響で値上がりする前に入手したので、思っていたより安価でした。

鉱物名:フォスフォフィライト
宝石名:フォスフォフィライト
組成:Zn2Fe2+(PO4)2•4H2O
重量:1.081ct
産地:Unificada Mine, Cerro de Potosi (Cerro Rico), Potosi City, Potosi, Bolivia
鑑別:中央宝石研究所

Default
  • File

    realminiature

    2019/1/26

    ミントグリーン?と呼びたくなるような優しい色合いですね!ずっと見ていたくなります。

    返信する
    • File

      shm

      2019/1/26

      ありがとうございます😊この石が昔からコレクターから探し求められてきたのはその色合いにもあると思います。他にこのような色の石はあまり無いと思います。

      返信する