Genty AKYLONE CONCEPT 2011

0

ジェンティ・エイキロン 

フランスの新興自動車メーカ Genty Automobileから販売予定のスーパーカーです。

❏ 2011年にコンセプトを発表しています。まだ、販売はされていません。

公式HPに掲載されている車のスペックが日々変化しています。
https://www.genty-automobile.com/en/

HPを確認した日付、エンジン、重量、パワーユニット

2017年2月 4.8L V8  重量不明 ハイブリッド車の説明無し
2017年10月 5.2L V10 1480kg ハイブリッド車
2018年4月 6.0L V10  1101kg ハイブリッド車
2018年8月 5.2L V10  1280kg thermal engine + hydrogen injection
2019年9月  車のスペック情報が消されています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

❏ ジェンティのホームページを不定期にアクセスして、公開情報の変化を確認しています

●【2017年2月】
・CGらしき画像しかありませんでした。
・HPで1,000ユーロからの投資を呼びかけていました。 →投資をしても大丈夫なのか?
・エンジンは、4.8L V8 と書いています。

●【2017年10月】
・実物大模型が公開されています。タイヤも内装もありません。

スぺック
・エンジンが、4.8lV8 -> 5.2l V10 1200hp に変更になりました。

5.2l V10だと、ランボルギーニのエンジンがベースだと思います。
ランボルギーニ ウラカンはNAで610 PSです。

・ハイブリッド車の文字を初めて確認しました。

AKYLONE (2017年10月時点のスペック)
【エンジン】5.2l V10 90°ツインターボ
【出力】1200hp (エンジン 900hp + モーター300 hp)
【最高速度】350 km/h
【加速】0-100km/h 2.7s
【サイズ】4489 x 2050 x 1115 mm
【重量】1480 kg
【生産台数】15台(予定) + オープンモデル 10台

●【2018年4月】
・CGだけのHPになりました。実際の景色に、CGの車を合成したような写真もあります。
・実物大 模型の写真は無くなりました。

 車の仕様が変更されました。

【エンジン】366 cui/ 5997cc V10 90°ツインターボ

排気量は、366cuiとしか書いていませんでした。
ちなみに366cui=5997ccです。
2017年10月は5.2Lでした。単位を変更しています。
6L V10エンジンを造っているメーカはありません。OEM調達の可能性が無くなりました。
自社製エンジンに変更ですね。すごーい。

【重量】1101Kg/2429 lbs ← 前回 1480 kgから変更です。300Kg以上軽量化、素晴らし技術力。

ハイブリッド、1200 hp、最高速度 220 mph(354 km/h)の仕様は同じです。

●【2018年8月】
・パワーユニットが、『thermal engine + hydrogen injection』に変更されています。
 水素を使う様ですが、どんな仕組みか分かりません。
・タイヤと窓が付いた、実物大の模型が公開されました。しかし発表から7年たっても実物大模型しか出来ていない。
・エンジンと重量も、変更されています。
・開発部屋の動画が公開されています。

●【2019年9月】
・車のスペック情報が消されています。
・最新の記事は2018年10月です。2019年の開発状況は不明。
・ジェンティのエンブレムをプリントしたTシャツの販売を始めています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
ちなみに、新規のスーパーカー・メーカーは、設立7年ぐらいで、市販車をリリースしています。

パガーニ : 1992年設立。1999年 パガーニ・ゾンダC12を発表
ケーニグセグ : 1993年設立。 2000年 ケーニグセグ・CC8Sを発表
グンペルト : 2000年構想開始。2005年 グンペルト・アポロを発表
デロリアン : 1975年設立。1981年 デロリアン・DMC-12を発売

ジェンティは2011年設立です。
本当に完成するのかな?

Default
  • File

    Shirubu

    2018/8/18

    2018.8.18時点のスペックを貼り付けておきます。 

    ENGINE SPECS
    Engine: V10 Twin turbos at 90 deg
    Engine location: middle rear, longitudinal
    Displacement: 5.2 l
    Turbocharging: 2 turbos
    thermal engine + hydrogen injection
    Performance: more than 894 KW (1200 bhp) at 7300 rpm
    Torque: 861 ft lbs (more 783 ft lbs than from 4500 rpm to 7000 rpm)
    Petrol: E85/SP98 ron
    Lubrification: dry sump
    Transmission: 4-wheel drive
    Gearbox: sequential 6 speed + 1 reverse gear, limited slip differential

    STEERING
    Steering: rack and pinion, electric assistance
    Turning circle: 37.72 ft

    DRIVE TRAIN
    Shocks absorbers: Endurance type architecture with rocker / Ohlins
    Architecture of Suspension: Double wishbone front / rear; dynamic anti-roll bars
    Front brakes: Carbon ceramic disc 396*40 mm, 6 pistons caliper
    Rear brakes: Carbon ceramic disc 380*32 mm, 4 pistons caliper
    Front tires: 265/30/21 Michelin
    Rear tires: 325/30/21 Michelin

    GENERAL DATA
    Lenght: 4489 mm
    Width: 2050 mm
    Overall width: 2210 mm
    Height: 1150 mm
    Wheel base: 2780 mm
    Front track: 2050 mm
    Rear track: 2050 mm
    Unladen mass: 1280 kg
    Weight distribution F/R: 52/48 %
    Tanks: 2 x 12 galons us

    PERFORMANCES
    Top speed: 220 mph
    0-62mph: 2.7 s
    0-124mph: 7.2 s
    0-186mph: 14 s
    ¼ miles: 9,8 s
    Kilometer: 16,6 s

    CHASSIS
    Type:Monobloc type composite / carbon and aluminum inserts
    AERODYNAMICS
    Cx: 0.35
    WEIGHT TO POWER RATIO
    Weight to power ratio: 1,06

    返信する
    • File

      Shirubu

      2019/9/3

      2019年9月3日時点、上記のスペックは見れなくなっています。

      返信する