Chaparral2 1963

0

Chaparral2 1963

シャパラル・カーズが独自に製作した最初のレーシングカー

【エンジン】 シボレー5.36l(327cui)
【シャーシ】 繊維強化プラスチック(FRP)とアルミ
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
シャパラル・カーズ
Chaparral : カッコウ科の鳥 別名「ロードランナー」

【設立】1962年
【設立者】ハップ・シャープ(Hap Sharp) 、ジム・ホール(Jim Hall)

社名は設立者の2人の姓を組み合わせると、「Chaparral」というスペイン語に似ていたため。
 
【主な活動】レーシングカーの製作、参戦
【活動時期】1960年代~1990年代
【主な成績】
1963年 Chaparral2のデビュー戦でポールポジション
1964年 USRRC年間チャンピン
1965年 セブリング12h優勝
1965年 ル・マン24h初参戦 リタイア
1966年 Can-Am 第4戦で優勝、2位
1967年 ル・マン24h 予選2位、本選18時間過ぎまで3位だったがリタイア
1978年 インディ500 初優勝
1980年 CART年間チャンピオン:5勝(第2戦のインディ500を含む)

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
ジム・ホール(Jim Hall) 1935 -
会社経営者、レーサー、エンジニア

テキサスの石油採掘会社経営者の息子。兄弟で会社を引き継いでいます。
カリフォルニア工科大学で、専攻を地質学から機械工学へ変更しています。

レーサーとしては、1960年から1963年にF1に12回出場 最高順位5位。

独創的な空力カーをデザインしていました。
1970年 Can-Amシリーズに投入したChaparral 2Jは、リアに17インチのファンが2機付いています。
ファンで車体内の空気を排出して、強力なダウンフォースを生み出す仕組みでした。
優勝はしていませんが、出場したレース全てで、ファステストラップを記録しています。
翌年から使用禁止になりました。

HWのカタカナ表記は『シャパレル』ですが、一般的に『シャパラル』の様です。

Default
  • File

    TWIN−MILL

    2018/7/7 - 編集済み

    2Jです。吸い込んだ空気を後ろに排出しながら走るんで、後ろの車は堪ったもんじゃありません😱。https://m.youtube.com/watch?v=STV3-5_Jzj0

    返信する
    • File

      Shirubu

      2018/7/7

      ありがとうございます!
      マリオカートでバナナ🍌を投げるぐらいの威力がありますね。

      斬新なアイデアですが、これは、ダメですね。🤔

      返信する
    • File

      TWIN−MILL

      2018/7/7 - 編集済み

      いわゆる、掃除機の原理ですからねー😁👍。
      そんなチャパラルは大好物です😁。
      ちょっと補足です。通過するエンジン音が妙なんですよ。E/GはV8なのに😁。。。回転も一定。
      実は排出させる補助エンジンはスノーモービル用をそのまま載せているので、バイクみたいな音がします。
      https://m.youtube.com/watch?v=HZkUr5cG6wE

      返信する