GLORY CHASER

0

GLORY CHASER

【初登場】2022年
【デザイナー】Sonny Fisher

1960年頃のレーシングカーのようなデザインです。
V8なのでアメ車のようです。1960年頃のヨーロッパ車にV8はあまりないです。

似た車
https://muuseo.com/Shirubu/items/1133
https://muuseo.com/Shirubu/items/8

Aston Martin DBR1 No.5 1959 ル・マン24時間 優勝車
Aston Martin DBR1 No.5 1959 ル・マン24時間 優勝車  【エンジン】2992cc 直列6気筒 (アストン・マーティン製) 【出力】186kW /250 hp 【サイズ】4026 x 1630 x 978 mm /801kg 【ドライバー】 ・キャロル・シェルビー(米) ・ロイ・サルヴァドーリ(英) ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  ル・マン24H 1959年 完走車 順位、ゼッケン、車種、クラス 1 5 Aston Martin DBR1/300 (S3.0) 2 6 Aston Martin DBR1/300 (S3.0) 3 11 Ferrari 250 GT LWB (GT3.0) 4 18 Ferrari 250 GT LWB (GT3.0) 5 16 Ferrari 250 GT California (GT3.0) 6 20 Ferrari 250 GT LWB (GT3.0) 7 29 AC Ace (GT2.0) 8 41 Lotus Elite (GT1.5) 9 46 D.B. HBR-5 Spyder (GT750) 10 42 Lotus Elite (GT1.5) 11 45 D.B. HBR-5 Spyder (GT750) 12 44 Saab 93 Sport GT 750 (GT750) キャロル・シェルビーは1959年に健康上の理由でレーサーを引退します。 引退後は、レーシングカーの開発を行います。 名車シェルビー コブラは、7位だった(クラス優勝車)『AC Ace』のシャーシがベースです。 https://muuseo.com/Shirubu/items/1351 https://muuseo.com/Shirubu/items/2534
https://muuseo.com/Shirubu/items/1133
Corvette Stingray Racer Concept 1959
コルベットに『ステイングレイ』の名が付くのは、この車が最初です。 Stingray :毒棘を持つエイに由来しています。スポーツカーのイメージに合っていると思います。 ☆ ☆ ☆  ちなみに日本車に『ステイングレイ』が、サブネームの車があります。 日本車のスティングレイ メーカー公式説明 『STING [刺激] とRAY [光線] による造語です。このクルマの走る姿が夜の闇を切り裂いて放たれる光線をイメージしました。』 偶然、同じになったのかもしれません・・・・?。 更に、2017年のCMは、日本車のステイングレイを猛牛に見立てた映像でした。 私にはファイテング・ブルは、ランボルギーニのイメージです。 日本車のステイングレイを見るたびに、私の頭の中は脳内変換ができず混乱しています。 Corvette Stingray Racer Concept Car 1959 【エンジン】4638 cc V8 【出力】315 hp (235 kW)
https://muuseo.com/Shirubu/items/8

Default