Alpine A110 1963-1977

0

アルピーヌ A110です。
このミニカーは、1967年以降のA110がモデルになっています。

ドライビング・ライト(内側のフロントライト)の位置でモデルチェンジ前後の車体を判別できます。

ドライビングライト
1963~1966年 オプション扱い。取り付け位置は、バンパーの上です。
1967~1977年 標準装備。バンバーより高い位置のボンネットに組み込まれています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 
A110 956cc  1963年型

【エンジン】 956cc 直列4気筒
【サイズ】 3850 mm x 1460 mm x 1130 mm
【最大出力】75ps
【最高速度】192 km/h
【燃費】12.5 km/l

1968年モデル
【価格】 265万円(カーグラフィック1968年1月号)
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 
アルピーヌ社について
【設立】1955年 (1973年ルノーが買収)
【創業者】ジャン・レデレ(1922-2007)

ジャン・レデレについて
 アルピーヌ設立前は、ルノーのディーラーの経営者、レーシング・ドライバーとしても活躍。
 実績:1952年ミッレミリアでクラス優勝
  ミッレミリアは、イタリアで1927年に始まった歴史ある公道レースです。

【アルピーヌの歴史】
1955年 自動車会社アルピーヌを設立。
      アルピーヌ は、『アルプス山脈の曲がりくねった道をドライブする楽しさ』が由来です。
      アルピーヌ車のベースは、ルノー車です。
1963年 A110を発表(ルノー8がベース車です。)
1971年 A110がモンテカルロ・ラリーで、1~3位を独占。
1973年 WRC初代コンストラクター・チャンピオンを獲得。この年、アルピーヌはルノーの子会社になります。
1978年 A442がルマン24時間レースで優勝
1995年 ルノーはアルピーヌ・ブランドを廃止。
     (カルロス・ゴーン現CEOのルノー入社は1996年)

アルピーヌ・ブランド廃止後も、ルノーのスポーツ部門 ルノースポールの一部になっています。

Default
  • File

    tomica-loco

    2017/7/24

    ユニオンっていうメーカーのプラモデルでA110.A210.A310と持っていました。

    返信する
    • File

      Shirubu

      2017/7/25

      ちょっと高いプラモデルを買ってもらっても、セメダインで、べたべた にしていました。(笑)

      返信する