E4系 新幹線

0

仙台所属のE4系P2編成
2代目2階建新幹線Maxとして、東北・上越新幹線の輸送力適正化のために誕生した車両。混雑する朝と閑散期の昼では輸送力に差が生じるため分割・併合機能を活用し、柔軟に対応できる車両として1997年にデビューした。グリーン車が豪華な一方、自由席の2階席が3+3列シートであったりジャンプシートという折り畳み座席があるなど輸送需要と旅客要望に極力対応した新幹線車両である。しかし、都心の土地価格が下がったことによる住宅の都心回帰、それに伴う新幹線通勤需要の低下、そして最高時速が240km⁄hであり、高速化していく新幹線ダイヤの足かせになることなどを理由に2021年に引退した。新津鉄道資料館にてP1編成のグリーンが展示中

Default