No2:仮面ライダー2号

0

仮面ライダー2号のソフビです!
新1号とそっくりな見た目ですが、赤色の手袋とブーツで、スーツのラインが「1本」入っているのが特徴です。
パンチなどの打撃技の威力は1号を凌ぎ、パワーファイトを得意とすることから「力の2号」と呼ばれています。
TV本編の第72話で日本に帰国した際に「新2号」として登場しました。
新1号同様に、色が変わった理由と、いつから「新2号」と呼ばれ始めたのかが気になります。
個人的には、ストロンガ―以降の作品で客演した時の「黒いマスク」がすごい好きです!
黒いマスクの方が、全体的に彩色のバランスが取れていて、よりカッコいい気がします。
有名すぎる話ですが、番組としての「仮面ライダー」は「一文字隼人」が披露した「変身ポーズ」がきっかけで、一気に人気が爆発し「変身ブーム」と呼ばれる社会現象を巻き起こしました。
ブームを作りだしたのは2号ですが、キャラクターとしての人気も1号より2号だったのでしょうか?
当時の空気感を知らない僕にとっては、その辺も気になりますね(^^)

Default
  • Default

    gnir.noom

    2021/5/31 - 編集済み

    仮面ライダーがブームになったのは間違いなく一文字編からで、当時の子供達も一文字隼人から観始めたというのが結構多かったと思います。
    ただ、その後のダブルライダー共演編がまた強烈にカッコよすぎて、改めて本郷猛の存在感を刻みつけられた、という感じでしょうか。

    2号ライダーのヘルメットは黒い方が印象に残っているというのは同感です。
    ストロンガーやスカイライダーでの客演時もその姿でしたし。

    返信する
    • やはり仮面ライダーのブームは「一文字編」からなのですね!
      当時のことを教えて下さり、ありがとうございます!
      2号がブームを作り、その後のダブルライダーでさらに人気が加速…
      TV番組として最高の流れですね!

      新2号のマスクは「黒マスク」の方がいいですよね~!
      黒マスクの2号と、旧2号が同じぐらい好きですね!

      返信する