No7:仮面ライダーストロンガー

0

仮面ライダーストロンガーのソフビです!
大きな角に黄緑色の複眼で、赤いプロテクターの「S」の字に目を引かれます。
このソフビではSの色が銀塗装で、腹部の2本のラインも実際のスーツとは違う色になっています。
悪の組織「ブラックサタン」によって親友を失った「城茂」が、復讐の為にわざとブラックサタンの改造手術を受けて誕生したのが、このストロンガーです。
電気技が得意で「電キック」や「エレクトロファイヤー」などを使用します。
全ライダーの中で、1番好きな仮面ライダーです!
ダイナミックなデザインに奇械人を寄せ付けない強さ、変身直後の名乗りなど非常に魅力的な仮面ライダーだと思います。
相棒である「電波人間タックル」も大きな存在ですね(^^)
白銀の角にプロテクターに白いラインが入る「チャージアップ」をした姿がすごいかっこよく、子供の頃に心を奪われましたね!
本編では、第27話から「デルザー軍団編」が始まりますが、チャージアップ前のストロンガーでは対抗できないほどの強さである「改造魔人」には恐怖を感じました。
第35話のV3の登場を契機に、歴代ライダーが続々帰国して「栄光の7人ライダー」が揃う瞬間は、もう圧巻ですね!
第1期昭和ライダーを締めくくるのに、相応しい作品だと思います(^^)/

Default
  • Default

    gnir.noom

    2021/6/1 - 編集済み

    巨大な角に緑の目、アメフトのような胸部に『S』マーク。
    当時、Xからアマゾン、ストロンガーに繋がるデザインを『迷走している』と見る向きもありましたが、なかなかどうして、ちゃんと仮面ライダーしてますよね。

    時代劇ばりに名乗りを上げて現れ、電気を駆使して奇械人を圧倒する無双ぶり、デルザー軍団の出現と共に追い詰められる焦燥感、超電子を手に入れての再逆転と、第一期仮面ライダーのラストに相応しいドラマ展開でした。

    返信する
    • ストロンガ―のデザインは「最高」だと思います!
      1号~アマゾンまでの仮面ライダーとは異なる大胆なデザインながら、しっかり「強さ」を強調し、尚且つ「仮面ライダー」に見える…素晴らしい😄
      ただ、平成ライダー以降が好きな友人には「古臭い」「カッコいいとは思えない」と言われてしまいます(涙)

      「元祖」仮面ライダーは「立花藤兵衛」、すなわち「おやっさん」のセリフに始まり、「最終作」のストロンガーは「おやっさん」のセリフで最後を締めくくりました。
      ある意味、仮面ライダーを見届けてきた視聴者の「化身」とも呼べる「おやっさん」が「終わったのか…長い長い戦いが…」と呟いたことで、仮面ライダーは本当に終わりを告げたのだと思います。

      …4年後に戻ってきますがw

      返信する