名鉄モ510形

0

2004年モ513とモ514のプラレールが登場しました
更に岐阜市内線が廃止された後には、モ511とモ515が名古屋鉄道スペシャルセットにて赤1色塗装が製品化されました
プラレールでは唯一の大正生まれの電車です
2009年にC57に置き換わって廃盤になりました
プラレールではモ512のみ欠番となっています
ここでは名鉄SPセットのモ511が2本になったので1本目の車番を消して単独でモ512を作っていましたが
モ513のモーター故障による取り換えでモ512を部品取りに回し、廃車にしました
後に2022年7月にて紅白色を更新で新たに入手し、簡易急行色に塗り替えて復帰しました

実車では
大正時代に美濃電気軌道によってデボ510形として5本で登場しました
後に名鉄に合併されてモ510形として活躍を継続
全車がパノラマカーに合わせて赤1色塗装に変更しましたが3本が廃車
臨時用にモ513とモ514のペアが名鉄吸収後の紅白塗装に戻されて2005年の廃線まで活躍しました
現在は解体されたモ511を除く4本が岐阜県と愛知県で保存されています

Default