京王1000系

0

2005年に販売された製品です
カラーバリエーションは画像のサーモンピンクの他にも
ブルーグリーン・ライトグリーン・ベージュ・アイボリーホワイト・バイオレットが同時販売されており、
2015年にはサーモンピンク・ライトグリーン・ブルーグリーンのみ再販とオレンジベージュの初販売がありました
ブルーグリーンとサーモンピンクの2つのみ中古で確認し、サーモンピンクのみ入手しました
金型は同じ京王8000系新規製品版と同じ仕様となっています

実車では
1995年に京王井の頭線初の20m級車体に両開き4輪扉車両として3000系の後継車両として登場しました
カラーバリエーションはオレンジベージュ以外は3000系と同じです
2008年にはマイナーチェンジ車両が登場し、オレンジベージュも登場しました
現在の井の頭線の看板列車として2012年のみの運用として正面が白で帯が井の頭線レインボーの車両が登場しました

Default