VW ビートル・カブリオレ。

0

ミニチャンプス 1/43 VWビートル・カブリオレ。

初代ビートルも最近は余り路上で見掛けなくなりました。

Default
  • この爽やかで落ち着いたグリーンと柔らかなフォルムがとても好みです。
    ずっと眺めていたいと思えるほどです😄

    返信する
    • File

      MOYO.

      2019/2/2

      テッツァライトさん。コメントと沢山のいいねを頂きまして、誠に有り難う御座いますm(__)m。

      このミニチャンプスのビートルカブリオレは、テッツァライトさんの仰る通りこの色合いに惚れて購入しました(笑)。

      このビートルカブリオレはミニチャンプスの初期のモデルなので、今では殆ど見掛ける事は有りません。

      この浅田飴「御存知ですかね?(^_^;)。」の様な色合いのボディーと、幌のブラウンのコントラストがお気に入りの一台です(笑)。

      有り難う御座いますm(__)m。

      返信する
  • File

    チュル

    2019/2/16

    本当にこの色いいですよね😊
    目と心が癒されます。
    海外の車の番組で「名車再生」とかゆうのやってるとついつい見てしまうんですが、この年代の車はちゃんと直して磨き上げると最近の車にはないオーラがあってビックリしますね。

    あと、自分はミニカー1/64で購入しちゃうんですが、やっぱり1/43は迫力が違いますよね(細部のこだわりが違いますよね)
    以前r34のミニカー1/43で買いましたけど、カッコイイです(^^)

    返信する
    • File

      MOYO.

      2019/2/16

      チュルさん。コメントと沢山のいいねを頂きまして誠に有り難う御座いますm(__)m。

      ヴィンテージ・カーはクルマがクルマとして輝いていた時代の遺産ですよね(笑)。

      今のクルマの中で、後50年後に名車として語り継がれるクルマがどれだけ有るのか?

      思わずそう考えさせられてしまいます。

      このビートルカブリオレも、ソフトトップとボディーカラーの色合いが、クルマとしての善し悪しを越えて訴え掛けて来る物を感じさせてくれます。

      実車を手に入れる事の難しい往年の名車をミニカーで所有し、それを飽くまで眺めるのもそれはそれで楽しいものだと私は思います(笑)。

      昨今は3インチミニカーが主流となりつつあるミニカーの世界ですが、ミニカーが「モデルカー」と呼ばれていた時代の物では、1/43スケールが国際標準スケールと呼ばれる物でした。

      私はいまだ1/43スケールをメインに収集していますが細かい所まで再現されているミニカーですと、最低限1/43スケールでないと最近老眼の入ってきた私の目には辛い物があります(笑)。

      有り難う御座いますm(__)m。

      返信する