ランチア アプリリア ガス燃料車。

0

BLUMMの1/43 ランチア・アプリリア ガス燃料車。

ガソリンに変わる代替燃料の実験的車輌過渡期のクルマ。

これも又ジブリのアニメに出てきそうな雰囲気の、面白いクルマです。

ガソリンエンジン車両では有りますが、比較対象の為、実車画像も掲載させて頂きます。

Default
  • 4xvf5p9w

    J2M3

    2018/8/4

    後ろのガス機器が特徴的ですね‼。

    返信する
    • File

      MOYO.

      2018/8/4

      J2M3さん。

      コメント頂きまして有り難う御座いますm(__)m。

      仰る通り、ガス燃料機関部の造形がメカニカルな魅力のこのクルマ。

      ガソリンに変わる台替燃料をこの時代に既に模索していた事実にも驚きましたが、やはりこのガス燃料機関自動車は追突事故時の事を考えたら、やはり危険過ぎる事から外部露出のガス燃料機関式は廃止になっていったのかもしれませんね(笑)。

      返信する
  • File

    charlie0215

    2018/8/4

    初めて拝見しました。
    ランティアも、新燃料の開発をしていたのですね。
    良く出来てますね。

    返信する
    • File

      MOYO.

      2018/8/4

      charie0215さん。

      コメント頂きまして有り難う御座いますm(__)m。

      やはり自動車黎明期の頃から、既にガソリンに変わる代替燃料は模索されていたのですね。

      今の様に内燃機関を小型化する事が出来ない時代だったとは言え、1930年代に試みていた事実はとても興味深く思います(笑)。

      ですが、このアプリリアの場合は、何よりもこの見た目のゴチャゴチャ感が魅力的なミニカーですね(笑)。

      返信する
    • File

      charlie0215

      2018/8/4

      そうですよね。
      ガソリンが国内調達しにくい日本では、薪や石炭で車やバストラを走らせていたのですから、海外でもその様な模索があったのでしょうね。

      カッコ良いですね。
      御説明有難うございます。

      返信する
    • File

      MOYO.

      2018/8/4

      charie0215さん。コメント頂きまして有り難う御座いますm(__)m。

      やはりガソリン。ガス。木炭。等、使用する燃料の種類は違えど、「燃料」を使用する内燃機関を持つ自動車にロマンを感じます。

      これはきっと内燃機関の生み出す造形が魅力的な訳で有って、モーターとバッテリーの自動車には感じられないメカニカルな魅力なのかな?と思ってしまいます(^_^;)。

      返信する
    • File

      charlie0215

      2018/8/4

      同感です。
      機械が一生懸命に働いてる(動いている)。
      その音、振動が気持ち良く感じます。
      車もバイクもキャブ、車は所有したかなりな台数はキャブ。バイクは所有する全てがキャブです、大型の1台はCRキャブでかなりじゃじゃ馬。時計も手巻きか自動巻で音を楽しんでます。

      今のハイブリッドは環境には良いですが、機械としての楽しみは無いですね。近づいてきてもなかなか気付かないですから。

      同士のような方がいらっしゃり、感動してます。
      有難うございます。

      返信する
    • File

      MOYO.

      2018/8/4

      charie0215さん。

      何時もコメント頂きまして有り難う御座いますm(__)m。

      私はcharie0215さん程には、機械式への拘りは徹底していないかもしれませんが、やはり電動化したクルマやバイクにはまるで魅力を感じる事が出来ません。

      恐らく、クルマに「便利」プラスアルファの要素を求めているので、家電化した自動車には魅力を感じる事が出来ないのかと思います。

      それはやはり自動車やバイク等が「マシン」であり、「機械」で有り続けて欲しいと言う願望の表れなのかもしれませんね(^_^;)。

      高々ミニカーコレクション程度の物しか持ち合わせていない私では御座いますが、共感頂き誠に有り難う御座いますm(__)m。

      返信する
    • File

      charlie0215

      2018/8/4

      いつもお付き合い頂き有難うございます。

      『車』を、移動の手段だけ と考えるか、贅沢品、奢侈品と考えるかですよね。
      機械物は手をかけてあげないと、偶にヘソをまげますからね。それが『楽しい』と思うか、『面倒』と思うかですよね。

      生意気な言い方ですがお許し下さい。
      それは、車、バイク、時計だけでは無いと思います。機械では無い、ミニカー、プラモ、でも雑に扱い、保管も考え無いと状態が悪くなると感じております。

      有難うございます。

      返信する
    • File

      MOYO.

      2018/8/4

      charie0215さん。

      コメント頂きまして有り難う御座いますm(__)m。

      生意気等ととんでも御座いません!

      何時もとても深い洞察力と鋭い視点からのコメントで、脱帽です!

      私なんぞは、ミニカーから実車に興味を持つ程度の知識の浅い者ですので、とても勉強になります。

      これからも色々とご教授頂きます様宜しくお願いします。

      返信する
    • File

      charlie0215

      2018/8/4

      此方こそ、宜しくお願いします。

      歳の分、経験値が高いだけです。
      いつもお付き合い頂き感謝しております、有難うございます。

      返信する
    • File

      MOYO.

      2018/8/4

      charie0215さん。

      その経験値の高さは財産だと思います(笑)。

      何時も素晴らしいエピソードとコメントの提供誠に有り難う御座いますm(__)m。

      返信する
    • File

      charlie0215

      2018/8/4

      此方こそお付き合い頂き有難うございます。
      商売でやってませんから、素人の域は脱してませんよ。
      ミニカーは、幼少時でコレクトは辞めてますから、あまり詳しくはないので、また教えて下さい。

      いつもお付き合い頂き、貴重なお時間を頂き有難うございます。

      返信する
    • File

      MOYO.

      2018/8/5

      charie0215さん。コメント頂きまして有り難う御座いますm(__)m。

      いやいや、高々ミニカーコレクションしているだけの私。

      ご教授出来る事などは大して有りはしませんが、これからもお付き合い宜しくお願い申し上げますm(__)m。

      返信する
    • File

      charlie0215

      2018/8/5

      とんでもないです。
      こちらこそ、宜しくお願いします。

      非常に『へそ曲がり』です。此処でも『変態』と云われてます。
      大型バイクも、所有してるのが『ハーレー』と云われるのが嫌で、3台の『ホンダ CB』を所有してます。就活の為、手放す予定ですが、
      車も変わってますよ。

      好きな車種も、『好き嫌い』が極端です。

      こんなですが、今後も宜しくお願いします。
      ミニカーや本も整理が出来たら、アップします。

      有難うございます。

      返信する
    • File

      MOYO.

      2018/8/5

      charie0215さん。

      曲者程に物好きな事の表れだと思います(笑)。

      charie0215さんの投稿を心より楽しみにお待ちしておりますね!(笑)。

      返信する
    • File

      charlie0215

      2018/8/5

      此処にアップしている、チョロQ仲間からは、『変態』と呼ばれてます(笑笑)
      その彼も感化されてしまったのか、同類になってます。
      ミニカーとチョロQの違いはあれ、同一車種を複数台、仕様の違い、色違い をアップしてます。中には1台でも入荷困難なのに同一車種で同色で複数台とか、
      2人では、その様な事を『変態の極み』と言い合ってますよ(笑笑)
      好き嫌いがあると、好きな物はどうしても複数台並べて眺めたいのと、眺めている内に違いが出て来たり、別の楽しみ方が見つかりますね。

      此れからも宜しくお願いします。

      有難うございます。

      返信する