BMW 3.5CSL

0

デルプラド。ワールドレーシングカーコレクション。1/43 BMW 3.5CSL 1975.

消費税が8%時代の最後の購入となったミニカー。

BMWがまだ「ベー·エム·ベー」と日本人に呼ばれていた時代の1970年代半ばに、ヨーロッパツーリングカー選手権のグループ5カテゴリーで無類の強さを誇った3.5CSL。

1976年以降は、ポルシェがそれまでのポルシェ934からモンスターマシンのポルシェ935ターボを投入した事により、まだ自社のターボエンジンの強大なパワーによるメカトラブル「ドライブシャフト折れ等のトラブル」が絶えなかったBMWは、ポルシェ935の2/3程度のパワーしか持たぬNAエンジンのBMW 3.5CSLにてポルシェと戦う物の、パワーの差で中々勝てなくなってしまったが、それでも必死にポルシェに食らいつき奮戦するBMWの姿は多くの人のBMWのイメージとして刷り込まれ、3.5CSLは間違い無くBMWのレース活動の中でも黄金期だったと言える時代の不滅の名車です。

比較対象の為、実車画像も掲載させて頂きます。

Default
  • File

    8823hayabusa

    2019/10/1

    【サーキットの狼】で、トヨタ2000GTを大クラッシュでオシャカにした後、復讐の為に隼人・ピーターソンが乗ったマシンですかね。

    この元の車(ノーマル)の廃車が東広島市の解体置き場で数年前に目撃しました。今も有るかは不明ですが。

    ガキの頃はこの車、というかBMWが大嫌いでした(ポルシェ右翼だし)。 しかし大人になってからはむしろ好きになりましたね。実際乗っていたし(笑) ボディー剛性がパねえッス。

    返信する
    • File

      MOYO.

      2019/10/1

      8823hayabusaさん。コメント頂きまして有難う御座いますm(__)m。

      そうですね(笑)。悪質ブロックの走路妨害で悪名高い隼人ピーターソンの2000GT以降の愛車が3.0CSLでしたね(笑)。

      この3.5CSLは3.0CSLのスープアップバージョンで、最強モデルです。

      今では滅多な事では実車は見掛ける事は有りませんが、ベーエムベーの代名詞として、CSLシリーズは不滅の人気を誇る名車ですよね。

      廃車とは言え、実車を見れて羨ましいです(笑)。

      ポルシェ派にとっての宿敵が、このBMW CSLシリーズだと思います。

      有難う御座いますm(__)m。

      返信する
  • Ee2cw67n

    だいちゃん

    2019/10/1

    自分らはベンベって呼んでました。

    返信する
    • File

      MOYO.

      2019/10/1

      だいちゃんさん。コメント頂きまして有難う御座いますm(__)m。

      だいちゃんさんは恐らく私と同世代?かと思います(笑)。

      私の地域では「ベンベー」と呼んでました(笑)。

      有難う御座いますm(__)m。

      返信する
    • Ee2cw67n

      だいちゃん

      2019/10/1

      そうだと思います。ただ、モデルガンはピースメーカーではなく、スーパーブラックホークでした(笑)

      返信する
    • File

      MOYO.

      2019/10/1

      だいちゃんさん。コメント頂きまして有難う御座いますm(__)m。

      なるほど!

      黒鷹と言えば、やはり加納刑事の「ドゴーン!」ですものね(笑)。

      有難う御座いますm(__)m。

      返信する
    • Ee2cw67n

      だいちゃん

      2019/10/2

      実際にオーストラリアで黒鷹撃ったら、腕飛んで行ったかと思いました。まさにドゴーンでした。

      返信する
    • File

      MOYO.

      2019/10/2

      だいちゃんさん。貴重な体験談を頂きまして有難う御座いますm(__)m。

      正に「44MAGNUM」と言った手の中で何かが爆発した様な衝撃が手に取る様に伝わりました(笑)。

      有難う御座いますm(__)m。

      返信する