File

QuickTake

5

Appleが発売していたデジタルカメラ。CasioやOlympusがデジタルカメラ先駆者時代を築く前より発売していたが、実質的にはコダックや富士写真フイルム(当時)による共同開発、OEMであった。QuickTake100/150シリーズでは独特のフォルムをとり、QuickTake200では現在のデジタルカメラに近い要素(背面液晶ディスプレイ、撮影モードダイヤル、スマートメディア採用)を備えていた。たった3機種のみの発売で、Steve Jobsによりデジタルカメラ事業から撤退した。

Default