みんなのコレクションが集まるミュージアム

File

駅弁グッズ

人気の駅弁は様々なグッズにもなっています。 ここでは駅弁のグッズを集めました!

  • File

    たかべん 高崎 だるま弁当

  • File

    富山名物 ますの寿司ストラップ

  • File

    三好野本店 岡山 祭ずし ストラップ

  • 1
    Loading

    たかべん 高崎 だるま弁当

    たかべん(高崎弁当)が1960年より発売している駅弁。
    高崎市郊外の少林山達磨寺で開催される「だるま市」で、開運縁起の目なしだるまが売り出される。
    この縁起ものにあやかって誕生した。
    米は醤油味で炊いた香りの良いごはん、豊富な山の幸を使い普茶料理風に自然の恵みを活かした、手作りの味。
    容器は食後、貯金箱として利用できる。
    なお、発売当初、容器は瀬戸物だった。

    • いいね!

      33がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/10/20

    • 3
    • 4
  • 2
    Loading

    富山名物 ますの寿司ストラップ

    富山名物 ますの寿司 

    ますの寿司は富山県の郷土料理で駅弁としても知られています。
    わっぱの底に笹を敷いて塩漬け後、味付けをした鱒の切り身をその上に並べています。
    元々は富山県・岐阜県を流れる一級河川鱒寿司は神通川流域を中心とした食文化でした。そのルーツは平安時代中期にさかのぼり「延喜式」には元となった鮭寿司が貢献物とされていたそうです。
    現在のようにますの寿司が広く流通するようになったのは、1912年から駅弁として販売されるようになった「ますのすし」でした。

    • いいね!

      17がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/11/14

    • 2
    • 0
  • 3
    Loading

    三好野本店 岡山 祭ずし ストラップ

    岡山駅の駅弁として長きに渡って販売されている「まつりずし」。天明元年創業の老舗「三好野本店」より販売されている。
    2018年に祭ずしが発売45周年を迎え、「桃太郎の祭ずしプレミアム」が発売された。
    岡山県の祭り寿司は、ばら寿司にあたり、具が大きいのが特徴で、地域や季節によって内容が異なるが、基本的に椎茸や干瓢の煮しめなどの少量の切った具を混ぜ込んだ酢飯を作り、その上に錦糸玉子を敷き、さらにその上に茹でニンジン、酢蓮根、さやえんどう、ちくわ、かまぼこ、田麩、高野豆腐、殻付のエビ、焼穴子、茹でたタコ、煮付けたイカや藻貝(サルボウガイ)、アゲマキガイ、サワラやママカリの酢漬けなどの具材を大きめに切って敷き詰める。
    岡山県の祭り寿司のルーツは江戸時代の岡山城下にある。
    質素倹約を奨励した備前岡山藩藩主の池田光政が、汁物以外に副食を一品に制限する「一汁一菜令」を布告したことが背景にあると言われている。
    特別な日のために、見た目は一汁一菜だが、中にはたくさんの具が入ったごちそうである「ばらずし」を考えた。
    これは特徴的な寿司の制作過程に反映されており、当時は寿司種を器(寿司桶)の底に敷き、それらを酢飯で覆い隠すことで粗食を装い、食事の直前に器をひっくり返して食卓を飾ったという(Wikipediaより引用)。
    池田光政の命日である6月27日は、「ちらし寿司の日」として日本記念日協会に登録されている。
    ストラップは祭り寿司の箱を引くと駅弁祭り寿司が出てくるようになっている。

    • いいね!

      23がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/3/12

    • 3
    • 0