みんなのコレクションが集まるミュージアム

File

航空館 ぼくは航空管制官シリーズ

テクノブレインより発売のぼくは航空管制官シリーズを展示します。 ぼくは航空管制官とは? 1998年9月に株式会社テクノブレインより発売された日本初の航空管制シミュレーションソフト 。Windows対応。 航空機のゲームといえば、航空機の操縦を目的としたゲームが主流だったが、本作は航空交通管制を題材としている。 航空機を配する工夫に知恵を絞るパズル風シミュレータとしての機能もある。

  • File

    ぼくは航空管制官3 沖縄ブルーコリドー

  • File

    ぼくは航空管制官3 大阪パラレルコンタクト

  • File

    ぼくは航空管制官3 ぼくは航空管制官3 香港啓徳國際機場 (香港カイタックエアポート)

  • File

    ぼくは航空管制官 20周年ステッカー

  • File

    ぼくは航空管制官3 東京ビッグウイング

  • 1
    Loading

    ぼくは航空管制官3 沖縄ブルーコリドー

    那覇空港が舞台。那覇空港は沖縄県のハブ空港であり、那覇基地として陸海空の自衛隊や海上保安庁の拠点にもなっている。那覇空港の近くに位置する嘉手納飛行場も再現され、アメリカ空軍機も多く登場する。
    プレイヤーは民間機と軍用機の管制を担当しなければならない。
    那覇空港は海に面した敷地に1本の滑走路(18/36)があり、滑走路をはさむかたちで、旅客ターミナルビルと自衛隊の各種施設が配置されている。交通量が多く、地上交通の整理にはかなり頭を使う。
    タイトルにある「コリドー」は「回廊」という意味で、本作に登場する軍用機の専用飛行経路のことを指している。
    中盤のステージでは、NASA所属のあの機体が登場し、???が大気圏再突入を行う。(嘉手納飛行場は???の緊急着陸空港であった)

    登場航空会社
    ・JALグループ🇯🇵
    ・ANAグループ🇯🇵
    ・スカイマーク🇯🇵
    ・ギャラクシーエアラインズ(今はもうない)🇯🇵
    ・チャイナエアライン🇨🇳
    ・アシアナ航空🇰🇷
    ・中国東方航空🇨🇳
    ・航空自衛隊
    ・海上自衛隊
    ・海上保安庁
    ・アメリカ空軍
    ・アメリカ海軍
    ・NASA

    https://youtu.be/CpEmPfsy_U0

    • いいね!

      20がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/8/17

    • 6
    • 0
  • 2
    Loading

    ぼくは航空管制官3 大阪パラレルコンタクト

    大阪府と兵庫県にまたがり、関西圏で関西国際空港と並んでトップクラスの発着回数を誇る大阪国際空港(伊丹空港)が舞台。タイトルにある「パラレル」は、本空港にある2本の並行滑走路を指す、または過密空港である本空港において管制官とパイロットの交信が並行して行われることも指すともいわれる。
    本作より、滑走路に着陸した機体がどの誘導路に脱出するかを選択できるようになっており、複雑な地上交通の整理に有効利用できるようになった。
    南北の空港ターミナルビルがあり(北側がJAL用および南側がANA用)と2本の並行滑走路(14L/32R、14R/32L)を持つ。
    同空港の代名詞といえる滑走路14R・14Lを使った運用も再現されており、2本ある滑走路のうち1本(14L/32R)は短くなっており、大型機の離着陸ができない。よって大型機は滑走路14R/32Lを使用することになる。
    そのため、滑走路が2本ある空港で行える「2本の滑走路を離陸専用と着陸専用に分離する」という運用法が、本空港では通用しないのだ。
    管制官に無断で滑走路を横断することはできない。滑走路14R/32Lに向かうには、大型機は必ず滑走路14L/32Rを横断しなくてはならないので、パイロットからの横断許可を求める交信がひっきりなしに行われる。
    そのためぼくは航空管制官3シリーズ中では難度が高いと言われた。
    リアルな話、実際の大阪国際空港の航空管制官も、このような本空港の特殊な事情には、苦労をしていたそうだ。
    空港の周辺は、細部まで3Dモデルが作成されている。
    大阪高速鉄道大阪モノレール線の大阪空港駅はもちろん、千里川原田進入灯橋付近から、伊丹スカイパーク、スカイランドHARADAおよび関西国際空港や神戸空港、明石海峡大橋も見渡すことができ多くのスポットが再現され実際の伊丹空港周辺事情そのままである。
    このソフトは2008年に発売されたており、折しも1998年にぼくは航空管制官シリーズが発売されてから、10周年であった。これを機に10周年プレミアBOXも発売された。
    2010年に発表されたダウンロードコンテンツのぼくは航空管制官3 エクステンドシナリオ1を適用すると、過去にタイムスリップした大阪国際空港の管制を担当することになる。
    過去にタイムスリップした大阪国際空港では全日本空輸のモヒカンカラー、JALの鶴丸塗装(もっとも2011年より鶴丸は復活したが)、ANA、JALと並んで日本の航空会社三本柱の一つと言われたJASの姿を見ることができる。
    さらに、 B747が発着する。(2006年4月1日より、三双発機以上の機体は、同空港への発着が制限されている)

    登場航空会社
    ・JALグループ🇯🇵
    ・ANAグループ🇯🇵

    https://youtu.be/_Ta-J5jVSLs

    • いいね!

      19がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/8/17

    • 7
    • 0
  • 3
    Loading

    ぼくは航空管制官3 ぼくは航空管制官3 香港啓徳國際機場 (香港カイタックエアポート)

    ぼくは航空管制官シリーズで、初となる日本国外の空港を舞台とした作品。
    舞台はかつての香港の玄関口であった空港、啓徳空港。
    啓徳空港は現在は存在しない空港であるため、ゲームの舞台は1980年代頃となる。
    この空港は新空港である香港国際空港が1998年に開港するまで存在した。
    九龍のビクトリア・ハーバーに突き出すように設置された1本の滑走路(13/31)があり、滑走路のすぐ北側は山地である。
    そのため、当空港の滑走路13を目指す航空機は、滑走路に対して斜め方向から進入し、空港直前で滑走路に向けて大きく右旋回して着陸を行う。この時の右旋回を香港カーブと呼び、空港北側の市街地を低空でかすめるようにして飛行していくというものであった。
    このシーンは、香港の街の瞬間を印象づける一コマとして、よくテレビドラマや映画などで登場していた。
    このような事情から、啓徳空港は今もなお航空ファンに根強い人気を誇り伝説の空港と称される。
    啓徳空港は、その発着便数の多さに対して、手狭な空港である。1本しかない滑走路に対して多数の航空機が押し寄せるほか、滑走路と並行する誘導路も1本しかない上、風向きが急激に変化し使用滑走路が変わると、航空機は滑走路を使って方向転換しなければならない。
    さらに、空港ターミナルビルには7基のボーディング・ブリッジしかなく、旅客をターミナルへ降ろしたら、次々と押し寄せる次の到着便のために、開けておく必要がある。
    旅客を降ろした航空機を空港内の他の場所へ移動する必要があり一息つく暇もないのだ。
    出発機、到着機に加え回送する空港内移動機が、狭い空港内にあふれ、これも整理して行く。
    当ゲームは、ぼくは航空管制官3の中でも大阪パラレルコンタクトと並んで難易度が高いとされている。
    舞台が1980年代ということで、キャセイパシフィック航空の旧塗装であるグリーンストライプ、全日本空輸のモヒカン塗装で登場し、現在のトリトンカラーも登場し機体ロゴも現在のANAではなく、全日空になっている(1982年より現在のトリトンカラーが登場した)など芸が細かく、旧塗装の機材も多数登場する。
    ステージは様々な時刻および気象条件が用意されており、雲海が広がる雨の光景、世界三大夜景100万ドルの夜景と言われる香港の夜景も再現されている。
    最終ステージの日時は1998年7月5日で、啓徳空港の最終運用日である。
    初回限定版には特典として、空港やコックピットの貴重な音源を収録したオーディオCDのInternational Airportが付属。

    登場航空会社
    ・キャセイパシフィック航空🇭🇰
    ・香港ドラゴン航空🇭🇰
    ・エアホンコン🇭🇰
    ・中国東方航空🇨🇳
    ・エバー航空🇹🇼
    ・ガルーダ・インドネシア航空🇮🇩
    ・エールフランス航空🇫🇷
    ・ノースウエスト航空(現・デルタ航空)🇺🇸
    ・JALグループ🇯🇵
    ・ANAグループ🇯🇵

    https://youtu.be/Ys5QhcwX0hs

    • いいね!

      21がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/8/17

    • 6
    • 2
  • 4
    Loading

    ぼくは航空管制官 20周年ステッカー

    1998年に発売を開始した「ぼくは航空管制官」シリーズ。2018年で20周年を迎えました。
    このステッカーは2018年にソフトを購入した方に配布されたものです。

    https://youtu.be/ImTRuG5dS9U

    • いいね!

      15がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/8/24

    • 1
    • 0
  • 5
    Loading

    ぼくは航空管制官3 東京ビッグウイング

    ぼくは航空管制官3の第一弾。2008年2月8日発売。
    舞台は日本の首都の玄関口である東京国際空港。
    2つの空港ターミナルビル(西側がJAL用で、東側がANA用となる)を構える。
    2本の並行滑走路(16R/34L・16L/34R)と1本の横風滑走路(04/22)がある。
    空港周辺の情景も再現され、関東地方一帯が再現されており、西の方へ出発する便を追いかけて見てみると、富士山も望むことができる。
    空港以外の地上のオブジェクト(建物など)は基本、2次元画像のテクスチャではあるが、東京タワーやお台場のフジテレビといった、特徴のある構造物は3次元オブジェクトで再現されている。
    発売されたのが2008年であるため、2010年より供用開始されたD滑走路(05/23)および、国際線ターミナルビル、新管制塔といった施設は登場しない(後述)。
    他にもJALの塗装が「太陽のアーク」時代のものとなる。
    この空港にある、3本の滑走路は、そのうちの2本(16R/34Lと04/22)が交差しており、航空機の運用を行う際は注意を要となる。
    また、発売当時は市街地上空を通るルートは使用できなかったため、当ゲームでは滑走路の一部は使用が制限されている。
    したがって、離陸可能なのは滑走路04、16R、16L、34Rの4箇所であり、着陸可能なのは滑走路16L、22、34R、34Lの4箇所となっており、空港の特性を理解する必要がある。
    また、このゲームでは一般の旅客機のみならず、海上保安庁や国土交通省の機体も登場する。
    シナリオは朝のステージはもちろん、昼、夕方、夜といった時間帯から晴天、雨天の天候まで登場する。
    このソフトでは前述したように、2008年発売なので、D滑走路、国際線ターミナル、新管制塔は登場しないが、2010年8月26日にダウンロードコンテンツで発売された「ぼくは航空管制官3 東京ドリームゲートウェイ」で新管制塔(2010年1月14日に運用開始)と新D滑走路(同年10月21日に供用開始)と新国際線ターミナル(同じく10月21日に供用開始)が初登場する。
    ちなみに、ゲームの発売は同年の8月26日で、これらの施設を利用した管制を現実に先駆けて行うことができた。
    このダウンロードコンテンツは単独のソフトとして発売されたため東京ビッグウイングのソフトがなくても、遊ぶことができる。

    登場航空会社
    JALグループ🇯🇵
    ANAグループ🇯🇵
    スカイマーク🇯🇵
    北海道国際航空🇯🇵
    海上保安庁🇯🇵
    国土交通省航空局🇯🇵

    https://youtu.be/L0nSXbqf-MA

    • いいね!

      22がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/9/9

    • 7
    • 0