みんなのコレクションが集まるミュージアム

File

鉄道模型 Nゲージ 〜準急・急行電車編〜

国鉄・JR時代の準急・急行電車を展示します。

  • Loading

    KATO 10−883 153系 (高運転台) 基本・7両セット

  • Loading

    TOMIX 92201 国鉄 165系 急行電車 (基本・3両セット)

  • Loading

    マイクロエース A0940 国鉄165系湘南色 新製冷房車 急行「内房」 7両セット

  • Loading

    マイクロエース A0915 国鉄169系湘南色 冷房準備車 急行「信州」 9両セット

  • Loading

    マイクロエース A0916 国鉄 169系900番台・冷房準備車 急行「志賀」 3両セット

  • Loading

    マイクロエース A5360 167系 メルヘン 8両セット

  • Loading

    TOMIX 92215 JR 165系 急行電車 (ムーンライトえちご) (基本・3両セット)

  • Loading

    TOMIX 92219 JR 169系 急行電車 (三鷹色) (基本・3両セット)

  • Loading

    TOMIX 92207 JR165系電車 モントレー 基本・3両セット

  • Loading

    TOMIX 92233 169系 みすず 4両セット

  • Loading

    KATO 10−466 165系 「なのはな」 6両セット

  • Loading

    マイクロエース A0924 165系 「シャトル・マイハマ」 3両セット

  • Loading

    マイクロエース A0925  165系 「アルファ」 3両セット

  • Loading

    マイクロエース A0500 国鉄 451系 非冷房 急行「みやぎの」 基本6両セット

  • Loading

    マイクロエース A0501 国鉄 451系 非冷房 急行「みやぎの」 増結4両セット

  • 1
    Loading

    KATO 10−883 153系 (高運転台) 基本・7両セット

    準急電車「東海」として出発した153系は昭和35年(1960)からビュッフェやリクライニングシートの2等車を加えて、特急列車の少なかった時代、急行形電車として名実共に長距離旅客輸送の主役として活躍しました。
    東海道新幹線開業後は地域に密着した中近距離輸送の責を担い、急行列車として東京から静岡方面へ、また各地の快速列車、普通列車で活躍しました。

    • いいね!

      51がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/10/19

    • 2
    • 6
  • 2
    Loading

    TOMIX 92201 国鉄 165系 急行電車 (基本・3両セット)

    165系電車は直流電化区間の主に山岳線向け急行電車として1963(昭和38)年に登場した国鉄急行電車の代表的車両です。

    • いいね!

      58がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/9/12

    • 2
    • 5
  • 3
    Loading

    マイクロエース A0940 国鉄165系湘南色 新製冷房車 急行「内房」 7両セット

    165系は1963(昭和38)年にデビューした耐寒耐雪仕様・勾配線区対応の急行型直流電車で1970(昭和45)年までにグループ全体で701両が製造されました。
    最終製造グループの新製冷房車は、従来と比較するとベンチレータの配列などに違いが見られます。
    また、低屋根構造のパンタグラフ付中間車が製造されています。

    • いいね!

      37がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/10/21

    • 2
    • 0
  • 4
    Loading

    マイクロエース A0915 国鉄169系湘南色 冷房準備車 急行「信州」 9両セット

    165系は1963(昭和38)年にデビューした耐寒耐雪仕様・勾配線区対応の急行型直流電車で、1970(昭和45)年までにグループ全体で701両が製造されました。
    最終製造グループの新製冷房車は、従来と比較するとベンチレータの配列などに違いが見られます。
    また、低屋根構造のパンタグラフ付中間車が製造されています。
    169系は1968(昭和43)年に登場した165系の派生系列で、信越本線横川~軽井沢間をEF63型電気機関車と協調運転することが出来ます。
    初期の75両は将来の冷房搭載が容易な「冷房準備車」として落成されました。
    169系900番台は169系の試作車で、当初は165系900番台と呼ばれました。
    パンタグラフ部分が低屋根構造とされている点、全車AU12S型に対応した冷房準備車として落成した点などが量産車と異なります。
    急行「信州」は上野〜長野を結んだ車両で、編成にビッフェが組み込まれていました。
    「信州」は1985年に特急「あさま」に統合される形で廃止されています。

    • いいね!

      33がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/12/4

    • 3
    • 0
  • 5
    Loading

    マイクロエース A0916 国鉄 169系900番台・冷房準備車 急行「志賀」 3両セット

    169系900番台は、1967(昭和42)年に165系900番台として12両が登場しました。
    信越本線の横川~軽井沢間を通過する列車は全てEF63型が牽引する方式で運転されており、最大編成両数は8両に制限されていました。
    これが輸送力増強のネックとなり、機関車と協調運転が可能な電車の開発が行われました。
    翌年から量産型の169系が製造され、165系900番台は169系900番台と改称されました。
    169系900番台はパンタグラフ部分が低屋根構造とされている点、全車AU12S型に対応した冷房準備車として落成した点などが量産車と異なります。
    後年は冷房改造が行われましたが、パンタグラフ付中間車は量産車同様の集中冷房装置を搭載したために大規模な改造となりました。
    1985(昭和60)年には全先頭車が東北・九州地区の交直流型急行電車の短編成化に伴う改造車として転用され、残った中間車は急行「天竜」用増結車両としてサハ165-100番台に改造され、169系900番台は消滅しました。
    急行「志賀」は急行「信州」として運転されていた列車のうち、長野電鉄湯田中駅まで乗り入れる列車を1969(昭和44)年に改称したものです。信越本線内は急行「信州」と併結して運転されました。私鉄線内へ乗り入れる急行電車として人気がありましたが、1982(昭和57)年11月の改正で消滅しました。

    • いいね!

      50がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/10/18

    • 2
    • 8
  • 6
    Loading

    マイクロエース A5360 167系 メルヘン 8両セット

    修学旅行用電車として昭和40年に増備されたのが167系電車です。
    それまでの155系、159系が153系を元に設計されていたが、167系は165系を元に設計され大きくイメージが違います。
    車体断面が全車低屋根からパンタ取付部のみ低屋根に、前面窓が高運転台に、台車が空気バネに、主電動機がMT54(強力型)に、それと車体が耐寒耐雪構造に改良されました。
    昭和40年10月から品川-京都間「わかくさ」号・昭和41年から下関-広島間「なかよし」号・下関-京都間「友情」号・下関-東京間「わこうど」号として運転が始まり昭和49年まで修学旅行用に使われました。
    その後湘南色に変更、冷房改造され臨時・団体列車などに使用され、昭和63年に田町電車区の2編成にアコモ改良・塗装変更がされ大宮・立川-舞浜間の「メルヘン大宮」・「メルヘン立川」に使用されました。

    • いいね!

      39がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/1/7

    • 3
    • 0
  • 7
    Loading

    TOMIX 92215 JR 165系 急行電車 (ムーンライトえちご) (基本・3両セット)

    新潟・上沼垂運転区に所属した、おもに新宿~村上間の夜行快速「ムーンライトえちご」は新宿~黒磯間快速「フェアーウェイ」に使用され、専用の165系は、独自塗装とアコモ改善が図られているのが特徴です。

    • いいね!

      48がいいね!と言っています。

    • 登録日:4 days ago

    • 2
    • 2
  • 8
    Loading

    TOMIX 92219 JR 169系 急行電車 (三鷹色) (基本・3両セット)

    JR東日本三鷹電車区(八ミツ)に所属した169系は「甲州色」とも呼ばれる独自塗装で、おもに臨時の急行「アルプス」や「ホリデー快速」のほか、遠足などの団体用として活躍していました。
    本品はシールドビーム、シャッタータイホンの編成を再現、シングルアームのパンタグラフ(PS35形)を搭載します。
    https://youtu.be/yeTE3SIsEiY

    • いいね!

      47がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/6/30

    • 2
    • 0
  • 9
    Loading

    TOMIX 92207 JR165系電車 モントレー 基本・3両セット

    165系は1963年に登場した直流急行形電車です。
    新前橋電車区に所属した車両は1988年頃より青色とピンク色の塗色に塗り替えられて活躍しました。1993年頃より前面強化とヘッドライトの小型化が施され、その後前面強化部分が塗装された車両も登場しました。
    https://youtu.be/LYWgANyLNCM

    • いいね!

      45がいいね!と言っています。

    • 登録日:4 days ago

    • 2
    • 0
  • 10
    Loading

    TOMIX 92233 169系 みすず 4両セット

    165・169系は、153系を基本にモーター出力の増強、勾配抑速ブレーキの採用、耐寒耐雪構造強化等の改良を施した急行形電車です。

    https://youtu.be/hIwfxFynwq0

    1986年に内外装をリニューアルして長野・松本地区に投入され、モデルのプロトタイプは、篠ノ井線~飯田線を走る快速「みすず」のほか、急行「かもしか」などに運用されました。

    • いいね!

      42がいいね!と言っています。

    • 登録日:4 days ago

    • 2
    • 0
  • 11
    Loading

    KATO 10−466 165系 「なのはな」 6両セット

    165系「なのはな」は、昭和61年(1986)3月に初の和式(お座敷)電車として誕生しました。それまでの和式車両は客車の改造によって使用しましたが、当時「なのはな」を企画した旧国鉄千葉鉄道管理局内の90%が直流区間であるという実状と、運転速度や機関車運用の制約のない電車による運転が有利との判断から、165系電車が改造のベースに選ばれました。塗色は房総半島をイメージしたデザインでイエローを基調にマリンブルーとグリーンを配した暖かい配色がなされています。当初、前面は大形のヘッドライトを持つ165系の原形に近い形態でしたが、後年(平成5年頃)、シールドビーム化と前面補強が施工され、顔つきに変化を生じました。165系「なのはな」は平成10年(1998)8月に後進の485系改「ニューなのはな」と交代に引退。和式電車の先駆けとして12年にわたる活躍に終止符を打ちました。

    • いいね!

      42がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/7/24

    • 2
    • 2
  • 12
    Loading

    マイクロエース A0924 165系 「シャトル・マイハマ」 3両セット

    シャトル・マイハマは1990(平成2)年3月10日、京葉線新木場~東京間延長開業に併せて登場した車両です。
    幕張電車区の165系をベースに3連1本が改造されました。
    外観は側窓が固定窓に交換された他、先頭部のライト形状が変更されてイメージを一新、中間車中央には巨大な太陽をモチーフとしたイラストが描かれるなど、インパクトのあるものとなりました。
    座席配置は全席が進行方向に対して海側横向きとされた車両(クハ165-194)や、車体中央部分のみ進行方向横向きとされた車両(モハ164-852)が存在し、変化に富んだものでした。
    運転形態は西船橋~舞浜~東京間をピストン運行するものとされ、快速列車扱いとなった事から、ジョイフルトレインにも関わらず全車普通車とされました。
    乗車時間が比較的短い事から、編成内の便・洗面所も1箇所のみとされています。
    1996(平成8)年7月には上沼垂運転区に転属し、愛称が「アルファ」と改められ外板塗装が青を基調としたものに変更されました。
    夏期は各種団臨を中心に首都圏でもよく見られました。冬季は上越地区のスキー臨時運用を主にこなしていましたが、2001(平成13)年5月に廃車となりました。

    • いいね!

      45がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/10/18

    • 3
    • 0
  • 13
    Loading

    マイクロエース A0925  165系 「アルファ」 3両セット

    シャトル・マイハマは1990(平成2)年3月10日、京葉線新木場~東京間延長開業に併せて登場した車両です。
    幕張電車区の165系をベースに3連1本が改造されました。
    外観は側窓が固定窓に交換された他、先頭部のライト形状が変更されてイメージを一新、中間車中央には巨大な太陽をモチーフとしたイラストが描かれるなど、インパクトのあるものとなりました。
    座席配置は全席が進行方向に対して海側横向きとされた車両(クハ165-194)や、車体中央部分のみ進行方向横向きとされた車両(モハ164-852)が存在し、変化に富んだものでした。
    運転形態は西船橋~舞浜~東京間をピストン運行するものとされ、快速列車扱いとなった事から、ジョイフルトレインにも関わらず全車普通車とされました。
    乗車時間が比較的短い事から、編成内の便・洗面所も1箇所のみとされています。
    1996(平成8)年7月には上沼垂運転区に転属し、愛称が「アルファ」と改められ外板塗装が青を基調としたものに変更されました。
    夏期は各種団臨を中心に首都圏でもよく見られました。冬季は上越地区のスキー臨時運用を主にこなしていましたが、2001(平成13)年5月に廃車となりました。

    • いいね!

      44がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/10/18

    • 2
    • 2
  • 14
    Loading

    マイクロエース A0500 国鉄 451系 非冷房 急行「みやぎの」 基本6両セット

    交流電化が進捗し運行区間が長くなるにつれ、直流電化区間と同様に急行形電車の登場が望まれるようになり、1962年に急行形交直流電車として登場したのが東北地区用の451系(50Hz用)・北陸地区用の471系(06Hz用)です。車体構造は153系を基本として、401系交直流電車の電気機器を組み合わせた構造となっており、使用線区を考慮して側引戸がステップ付となっています。
    クモハ451-1~9は前位側出入扉の戸袋位置が台車の支持部と重なる関係で外吊り式引戸で登場したのが特長です。
    主に東北本線の急行で使用され出力増強した453系の登場以降は常磐線の急行「ときわ」などで長らく使用されましたが、1993年までに廃車され形式消滅しました。急行「みやぎの」は上野と仙台を結ぶ急行列車で、1962年10月1日に電車急行化、1965年10月1日に急行「いわて」「まつしま」に改称され消滅しました。

    • いいね!

      38がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/3/15

    • 2
    • 2
  • 15
    Loading

    マイクロエース A0501 国鉄 451系 非冷房 急行「みやぎの」 増結4両セット

    交流電化が進捗し運行区間が長くなるにつれ、直流電化区間と同様に急行形電車の登場が望まれるようになり、1962年に急行形交直流電車として登場したのが東北地区用の451系(50Hz用)・北陸地区用の471系(06Hz用)です。車体構造は153系を基本として、401系交直流電車の電気機器を組み合わせた構造となっており、使用線区を考慮して側引戸がステップ付となっています。クモハ451-1~9は前位側出入扉の戸袋位置が台車の支持部と重なる関係で外吊り式引戸で登場したのが特長です。主に東北本線の急行で使用され出力増強した453系の登場以降は常磐線の急行「ときわ」などで長らく使用されましたが、1993年までに廃車され形式消滅しました。急行「みやぎの」は上野と仙台を結ぶ急行列車で、1962年10月1日に電車急行化、1965年10月1日に急行「いわて」「まつしま」に改称され消滅しました。

    • いいね!

      24がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/2/28

    • 2
    • 0