みんなのコレクションが集まるミュージアム

File

鉄道模型 Nゲージ KATO 京都店商品

KATO 京都店 オリジナル品。

  • File

    KATO京都駅店企画製品 4091-9 0系新幹線22-7007

  • File

    KATO 京都店特製品 スハフ12 701 いこいタイプ

  • 1
    Loading

    KATO京都駅店企画製品 4091-9 0系新幹線22-7007

    ​​​​​​0系新幹線は東海道新幹線が昭和39年に開業して以来、マイナーチェンジが図られ昭和61年まで増備が続けられました。
    昭和56年以降の新製車は最終バージョンとなる2000番台となり、計309両が製造されました。
    2000番台は側面客窓が小形化された1000番台をベースにシートピッチが拡大されたグループで、JR移行後も全車がJR東海/JR西日本に承継され、最後の0系として活躍し、平成20年に引退しました。
    22形7007号車は、昭和60年に日本車輛で22形2022号車として製造されました。
    JR化後にアコモデーション改造を受け22形7036号車、のちに22形7007号車へと車番変更が行われました。
    山陽新幹線での0系最終運用まで活躍し、平成21年に廃車されました。
    引退後はJR西日本から吹田市へ譲渡され、現在は吹田市立健都ライブラリー内にて保存・展示されています。

    • いいね!

      28がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/9/17

    • 6
    • 0
  • 2
    Loading

    KATO 京都店特製品 スハフ12 701 いこいタイプ

    国鉄は、団体専用列車として1985年に後藤工場でスハフ12 5を改造した「いこい」を登場させた。
    客室の車掌室側半分を畳敷きの和室とし、洗面所側の半分を絨毯が敷かれた洋室に改造した。
    この洋室と和室はアコーディオンカーテンで仕切ることが可能であり、ミニキッチンを備えていた。
    JR化後はJR西日本福知山支社が引き継ぎ、当時、客車列車が少なくっていたこともあり、主にキハ58などの気動車の中間車として活躍することとなった。
    キハ58と"いこい"がそのまま編成となり、ジョイフルトレイン"セイシェル"として生まれ変わった。

    • いいね!

      23がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/11/2

    • 4
    • 2