みんなのコレクションが集まるミュージアム

File

鉄道模型 Nゲージ 〜新幹線編〜

国鉄・JR時代の新幹線を展示します。

  • Loading

    マイクロエース  A1150 新幹線 1000形 A編成 2両セット

  • Loading

    マイクロエース  A1155  新幹線 1000形 B編成 4両セット

  • Loading

    マイクロエース A1154 新幹線 941形救援車 2両セット

  • Loading

    マイクロエース A1158 新幹線 922系0番台 電気試験車 4両セット

  • Loading

    マイクロエース A0259 0系新幹線(大窓)1・2次車開業一番列車「ひかり号」 12両木箱セット

  • Loading

    マイクロエース A0255 0系新幹線(大窓)1・2次車「こだま号」増結4両セット

  • Loading

    マイクロエース A0493 0系新幹線 1・2次車タイプ 超特急「ひかり」号・改良品 基本8両セット

  • Loading

    マイクロエース A0494 0系新幹線 1・2次車タイプ 超特急「ひかり」号・改良品 増結4両セット

  • Loading

    マイクロエース  A0254 0系新幹線 初期お召列車 白Vマーク 8両基本セット

  • Loading

    マイクロエース A0258 0系新幹線 初期お召列車 白Vマーク 8両増結セット

  • Loading

    TOMIX 92355 JR 0-2000系東海道・山陽新幹線 基本セット

  • Loading

    マイクロエースベース 0系新幹線 90年代初頭編成タイプ 16両セット (ジャンク)

  • Loading

    TOMIX 92702 0-7000系 山陽新幹線  (ウエストひかり) 基本セット

  • Loading

    マイクロエース A9658 0系 新幹線 0+1000番台 R14編成 シャトルひかり 6両セット

  • Loading

    TOMIX 92752 JR 0-7000系  山陽新幹線 (フレッシュグリーン) セット (6両セット)

  • Loading

    TOMIX 2814 100系 新幹線 123形 先頭車

  • Loading

    TOMIX 92031 100系新幹線 9000番台(X0編成)

  • Loading

    TOMIX 92079 JR100系 東海道・山陽新幹線 基本セット (ノーズ変色)

  • Loading

    マイクロエース A3456  新幹線100系9000番台 「X1編成」・晩年 基本8両セット

  • Loading

    TOMIX 92823 JR 100系 山陽新幹線 (フレッシュグリーン) 6両セット

  • Loading

    KATO KATO 4070 4071 4072 4076 新幹線200系4両セット

  • Loading

    KATO 10−129 200系 東北・上越新幹線 6両セット

  • Loading

    TOMIX 92641 200系 東北・上越新幹線 基本6両セット

  • Loading

    TOMIX 2802 国鉄新幹線226形 中間車 (M)

  • Loading

    マイクロエース A0264 新幹線200系0番台 「やまびこ」開業一番列車 基本8両セット

  • Loading

    マイクロエース A0261  200系1500番台新幹線 基本6両セット

  • Loading

    マイクロエース A1596  200系1500番台 新幹線リニューアル 東北新幹線開業25周年号 基本6両セット

  • Loading

    マイクロエース A0263  新幹線200系-0番台・ピンストライプ 基本8両セット

  • Loading

    マイクロエース A1597 200系1500番台 新幹線リニューアル 東北新幹線開業25周年号 増結4両セット

  • Loading

    TOMIX 92206 JR 200-2000系 東北新幹線 基本・3両セット

  • 1
    Loading

    マイクロエース  A1150 新幹線 1000形 A編成 2両セット

    1962年に東海道新幹線用の車両を試験するため、先行完成した鴨宮モデル線(綾瀬-鴨宮)に、6両の1000形試作車が投入されました。
    1001・1002の2両編成をA編成、1003~1006の4両編成をB編成とされ、A編成とB編成とでは塗装が異なり、動力装置、車体の構造や座席の形状など、様々な方式が比較検討されました。
    B編成は高速走行試験で1963年3月30日に最高速度256km/hを達成しました。

    • いいね!

      52がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/11/24

    • 2
    • 0
  • 2
    Loading

    マイクロエース  A1155  新幹線 1000形 B編成 4両セット

    1962年に東海道新幹線用の車両を試験するため、先行完成した鴨宮モデル線(綾瀬-鴨宮)に、6両の1000形試作車が投入されました。
    1001・1002の2両編成をA編成、1003~1006の4両編成をB編成とされ、A編成とB編成とでは塗装が異なり、動力装置、車体の構造や座席の形状など、様々な方式が比較検討されました。
    B編成は高速走行試験で 1963年3月30日に最高速度256km/hを達成しました。
    1964年10月1日の東海道新幹線開業を控え、浜松工場においてA編成は941形救援車に、B編成は922系電気試験車(T1編成)に改造されましたが、いずれも1976年に浜松工場の廃車解体設備稼働開始時に解体されました。

    • いいね!

      43がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/7/28

    • 2
    • 0
  • 3
    Loading

    マイクロエース A1154 新幹線 941形救援車 2両セット

    1962年に東海道新幹線用の車両を試験するため、先行完成した鴨宮モデル線(綾瀬-鴨宮)に、6両の1000形試作車が投入されました。
    1001・1002の2両編成をA編成、1003~1006の4両編成をB編成とされ、A編成とB編成とでは塗装が異なり、動力装置、車体の構造や座席の形状など、様々な方式が比較検討されました。
    B編成は高速走行試験で1963年3月30日に最高速度256km/hを達成しました。
    1964年10月1日の東海道新幹線開業を控え、浜松工場においてA編成は941形救援車に、B編成は922系電気試験車(T1編成)に改造されましたが、いずれも1976年に浜松工場の廃車解体設備稼働開始時に解体されました。

    • いいね!

      45がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/7/28

    • 2
    • 0
  • 4
    Loading

    マイクロエース A1158 新幹線 922系0番台 電気試験車 4両セット

    1962年に東海道新幹線用の車両を試験するため、先行完成した鴨宮モデル線(綾瀬-鴨宮)に、6両の1000形試作車が投入されました。
    1001・1002の2両編成をA編成、1003~1006の4両編成をB編成とされ、A編成とB編成とでは塗装が異なり、動力装置、車体の構造や座席の形状など、様々な方式が比較検討されました。
    B編成は高速走行試験で1963年3月30日に最高速度256km/hを達成しました。
    1964年10月1日の東海道新幹線開業を控え、浜松工場においてA編成は941形救援車に、B編成は922系電気試験車(T1編成)に改造されましたが、いずれも1976年に浜松工場の廃車解体設備稼働開始時に解体されました。

    • いいね!

      35がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/7/28

    • 2
    • 2
  • 5
    Loading

    マイクロエース A0259 0系新幹線(大窓)1・2次車開業一番列車「ひかり号」 12両木箱セット

    昭和39年10月東京-新大阪間の東海道新幹線開業に伴い登場したのが0系新幹線である。
    最高速度210キロ運転の為に流線型車体となり、標準軌道の採用に伴い車体幅・ 車体長の大型化がなされている。
    高速運転のために全電動車方式が採用された。
    0系 新幹線は昭和39年から昭和61年まで3,216両が製造され、最大2,336両が同時に存在した。
    昭和51年から登場したグループは客室窓が小型化されたことが目立つ。
    平成11年には東海道新幹線から引退し、山陽新幹線で4・6両のミニ編成に組み替えられ、活躍した。

    • いいね!

      41がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/12/25

    • 3
    • 0
  • 6
    Loading

    マイクロエース A0255 0系新幹線(大窓)1・2次車「こだま号」増結4両セット

    昭和39年10月東京-新大阪間の東海道新幹線開業に伴い登場したのが0系新幹線である。最高速度210キロ運転の為に流線型車体となり、標準軌道の採用に伴い車体幅・ 車体長の大型化がなされている。高速運転のために全電動車方式が採用された。0系新幹線は昭和39年から昭和61年まで3,216両が製造され、最大2,336両が同時に存在し た。昭和51年から登場したグループは客室窓が小型化されたことが目立つ。平成11年には東海道新幹線から引退し、山陽新幹線で4・6両のミニ編成に組み替えられ、活躍した。

    • いいね!

      17がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/1/23

    • 2
    • 0
  • 7
    Loading

    マイクロエース A0493 0系新幹線 1・2次車タイプ 超特急「ひかり」号・改良品 基本8両セット

    1964(昭和39)年、東海道新幹線の開業に伴って製造されたのが0系新幹線です。
    210km/h運転達成のために流線型となった先頭形状や、国際標準軌の採用によって大型化された車体、全電動車方式の採用など、数多くの新機軸が採用されました。
    開業前の試運転用に落成した6両編成は1次車、12両の営業編成用に挿入された中間車は2次車と呼ばれています。
    後のグループと比較して中間車にも行先サボ差しがある点が外見上の特徴です。
    1976(昭和51)年に登場したグループまでは側面窓の大きな「大窓車」と呼ばれ るグループでした。
    以降の増備は10番台・200番台の「小窓車」に移行し、1986(昭和61)年までに総合 計3216両が製造されました。1999(平成11)年までには東海道新幹線から引退し、2008(平成20)年1月には山陽新幹線での定期運行が終了し、翌12月にはさよなら運転が行われました。

    • いいね!

      44がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/12/25

    • 2
    • 2
  • 8
    Loading

    マイクロエース A0494 0系新幹線 1・2次車タイプ 超特急「ひかり」号・改良品 増結4両セット

    1964(昭和39)年、東海道新幹線の開業に伴って製造されたのが0系新幹線です。210km/h運転達成のために流線型となった先頭形状や、国際標準軌の採用によって大型化された車体、全電動車方式の採用など、数多くの新機軸が採用されました。開業前の試運転用に落成した6両編成は1次車、12両の営業編成 用に挿入された中間車は2次車と呼ばれています。後のグループと比較して中間車にも行先サボ差しがあ る点が外見上の特徴です。1976(昭和51)年に登場したグループまでは側面窓の大きな「大窓車」と呼ばれ るグループでした。以降の増備は10番台・200番台の「小窓車」に移行し、1986(昭和61)年までに総合 計3216両が製造されました。1999(平成11)年までには東海道新幹線から引退し、2008(平成20)年1月には山陽新幹線での定期運行が終了し、翌12月にはさよなら運転が行われました。

    • いいね!

      23がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/1/23

    • 2
    • 0
  • 9
    Loading

    マイクロエース  A0254 0系新幹線 初期お召列車 白Vマーク 8両基本セット

    昭和天皇は地方へ行幸される際にしばしば新幹線をご利用になりました。
    新幹線開業から約半年後の1965(昭和40)年5月7日、鳥取県における植樹行事に際して新幹線最初のお召列車が運転されました。
    新幹線車両には御料車が存在しないため、通常の営業用の車両が使用されています。
    また、高速運転を行うため、国旗の掲揚 ならびに菊の御紋章の取付は省略されました。
    翌1966(昭和41)年4月15日、四国地方へ行幸される際に使用された編成には、前面スカート部分に白色V字型の装飾が施されました。
    以降1971(昭和46)年10月に至るまで、昭和天皇がご座乗となる新幹線列車の前頭部には同様の装飾が施されました。
    1970(昭和45)年には大阪万博が開催され、これに伴って新幹線「お召列車」が数回運転されましたが、特にまった編成が充当されずに、その都度選定した車両が充当されたという記録が残っています。
    編成長も運転される度に変化しており、最短8両編成から最長16両編成までが存在しました。
    昭和天皇は1等車(現在のグリーン車)にご座乗され、車両中央部分の座席を一部分撤去してテーブルを設置、 床には絨毯が敷かれた御座席が設けられました。
    御料車、供奉車を併せて5両が御乗用に充てられ、編成中の残りの車両は一般向けに解放されていました。

    • いいね!

      71がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/12/24

    • 2
    • 86
  • 10
    Loading

    マイクロエース A0258 0系新幹線 初期お召列車 白Vマーク 8両増結セット

    昭和天皇は地方へ行幸される際にしばしば新幹線をご利用になりました。新幹線開業から約半年後の1965(昭 和40)年5月7日、鳥取県における植樹行事に際して新幹線最初のお召列車が運転されました。新幹線車両には御料車が存在しないため、通常の営業用の車両が使用されています。また、高速運転を行うため、国旗の掲揚 ならびに菊の御紋章の取付は省略されました。 翌1966(昭和41)年4月15日、四国地方へ行幸される際に使用された編成には、前面スカート部分に白色V字型の装飾が施されました。以降1971(昭和46)年10月に至るまで、昭和天皇がご座乗となる新幹線列車の前頭部には同様の装飾が施されました。 1970(昭和45)年には大阪万博が開催され、これに伴って新幹線「お召列車」が数回運転されましたが、特にまった編成が充当されずに、その都度選定した車両が充当されたという記録が残っています。編成長も運転される度に変化しており、最短8両編成から最長16両編成までが存在しました。 昭和天皇は1等車(現在のグリーン車)にご座乗され、車両中央部分の座席を一部分撤去してテーブルを設置、 床には絨毯が敷かれた御座席が設けられました。御料車、供奉車を併せて5両が御乗用に充てられ、編成中の残りの車両は一般向けに解放されていました。

    • いいね!

      23がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/1/23

    • 2
    • 0
  • 11
    Loading

    TOMIX 92355 JR 0-2000系東海道・山陽新幹線 基本セット

    0系は東海道新幹線最初の新幹線車両です。
    2000番代は後年増備された車両で、小窓が特徴です。
    ※JRマークのインレタ貼ってます。

    • いいね!

      47がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/12/29

    • 2
    • 0
  • 12
    Loading

    マイクロエースベース 0系新幹線 90年代初頭編成タイプ 16両セット (ジャンク)

    マイクロエース 0系新幹線(大窓) 18次車 「ひかり号」 (基本・増結セット) より組まれた編成です。
    JR西日本の編成で国鉄民営化後のJRマークおよび平成4年から騒音対策用にパンダカバーが装着された編成です。
    タイプモデルとし、実車と一部異なります。
    ジャンク品より組んだため、JRマークに欠けや、アンテナ破損、パンタグラフ破損がありますが、後々修復予定です。

    • いいね!

      40がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/12/24

    • 7
    • 1
  • 13
    Loading

    TOMIX 92702 0-7000系 山陽新幹線  (ウエストひかり) 基本セット

    1988年に登場したウエストひかりは運行区間が山陽新幹線だけのひかり号です。
    バスや航空機と対抗するため、ゆったりとした2&2シート化されていますのでグリーン車並みの座席でした。
    シネマカーという新幹線の車内で映画を鑑賞できる車両も付いていました。
    当初は6両編成でしたが、好評だったため12両編成に増結されました。2000年に後続車のひかりレールスターの運転開始に伴い、ウエストひかりとしての運行を終了しました。

    • いいね!

      47がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/12/24

    • 2
    • 0
  • 14
    Loading

    マイクロエース A9658 0系 新幹線 0+1000番台 R14編成 シャトルひかり 6両セット

    1964(昭和39)年、東海道新幹線の開業に伴って製造されたのが0系新幹線です。
    1976(昭和51)年に登場したグループまでは側面窓の大きな「大窓車」と呼ばれるグループで、以降の増備は1000番台・2000番台の「小窓車」に移行し、1986(昭和61)年までに総合計3216両が製造されました。
    小窓車の多くは初期に製造された0系を置き換える形で既存の編成に組み込まれたため、全盛期の0系のほとんどの編成では大窓と小窓の車両が混結されていました。
    食堂車、ビュッフェ車、2両のグリーン車を組み込んだ「ひかり」用16両編成は最盛期には合計99編成が存在しましたが、1985(昭和60)年以降は後継の100系や300系の増備に伴って「こだま」用編成への組み換えや廃車が進行し、1995(平成7)年3月にはJR東海が保有する最後の「ひかり」用編成が引退しました。
    国鉄末期に小倉~博多間を短編成化した「こだま」で高頻度運転する試みが行われて好評を博しました。
    この結果から国鉄分割民営化後に6両編成の「R編成」が多数組成され、山陽新幹線の「こだま」で活躍しました。1991(平成3)年にこのR編成を使用して新大阪以西を走る「ひかり」が登場し、「シャトルひかり」の愛称で親しまれました。

    • いいね!

      41がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/11/25

    • 2
    • 0
  • 15
    Loading

    TOMIX 92752 JR 0-7000系  山陽新幹線 (フレッシュグリーン) セット (6両セット)

    0系新幹線は東海道・山陽新幹線最初の新幹線で、0系7000番代は小窓が特徴の2000番代をウエストひかり用に室内のグレードアップを行った車両です。
    一部の0系7000番代は、700系7000番代ひかりレールスターの登場によって「こだま」で使用されることになり、2002年よりライトグレーをベースにダークグレーとフレッシュグリーンの帯を入れたカラーリングに塗り替えられました。
    2008年に3編成が国鉄色に塗り戻され、山陽新幹線で引退まで活躍しました。

    • いいね!

      44がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/11/30

    • 2
    • 0
  • 16
    Loading

    TOMIX 2814 100系 新幹線 123形 先頭車

    1985年の春にデビューした東海道・山陽新幹線100系は、編成の中間に組み込まれた2階建て車とシャープな印象を深めた先頭部のデザインで、0系で始まる今までの新幹線車両のイメージを一新しました。
    製品では1986年の量産型をプロトタイプとしています。

    • いいね!

      47がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/12/24

    • 2
    • 0
  • 17
    Loading

    TOMIX 92031 100系新幹線 9000番台(X0編成)

    100系新幹線9000番台は100系の先行量産試作車で、試作車デビュー時、TOMIXがさっそうと発売しました。
    N S(NewShinkansen)マークが入っており、小窓がです。
    100系新幹線がすぐに量産体勢に入ると、実車の100系新幹線量産車は大窓になったことに従い、モデルの方も金型を大窓用に改修され試作車の生産は本品のみで終了。
    本品2階建て車両2両を含む7両のセットのみで、増結車両も世の中に出回ることがありませんでした。
    マイクロエースが近年、100系の試作車を発売していますが、TOMIXのモデルとしては大変貴重であります。

    • いいね!

      41がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/7/27

    • 3
    • 4
  • 18
    Loading

    TOMIX 92079 JR100系 東海道・山陽新幹線 基本セット (ノーズ変色)

    1964年の東海道新幹線開業以来、38次にわたって増備が続けられた0系に代わり、1985年の春にデビューしたのが100系です。
    同系は編成の中間に2階建て車を組み込み、シャープな印象を深めた先頭部のデザインと併せて0系から始まる新幹線のイメージを一新しました。特に2階建て車は、高速鉄道としては世界初の車両で、2階部分からは爽快な車窓風景が楽しめました。増備車からは食堂車からカフェテリアに変更されました。
    東海道新幹線では2003年9月16日に「ひかり」としての最終運転をもって引退し、末期は「みどりのこだま」として、0系7000番代と共に4両または6両の短い編成で使用されていました。

    ノーズの色が黄色に変色しています。塗装されたような感じもしますが、0系や100系の末期の鼻は、往年の黄ばみ?汚れなどで、こんな黄色いイメージがあったので、これはこれでありだと思ってます^_^

    • いいね!

      42がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/12/29

    • 2
    • 0
  • 19
    Loading

    マイクロエース A3456  新幹線100系9000番台 「X1編成」・晩年 基本8両セット

    1985(昭和60)年、東海道・山陽新幹線用に従来の0系に代わって登場したのが100系です。切れ 長となった前頭部形状や断面形状の変更、二階建て車両の連結、塗装の変更等により従来とは 大きくイメージが変わりました。
    9000番台は100系の試作車で、小窓の客室窓や傾斜の付いた 前・尾灯等が量産車とは異なります。後にパンタカバーが取り付けられ、パンタグラフ半減化などが行われましたが1999(平成11)年に定期運用から離脱しました。

    • いいね!

      33がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/3/11

    • 3
    • 0
  • 20
    Loading

    TOMIX 92823 JR 100系 山陽新幹線 (フレッシュグリーン) 6両セット

    山陽新幹線・新大阪-博多南間で活躍した100系です。
    山陽新幹線区間用の「こだま」用として0系置き換え用にV・G編成から改造され、6両編成で2002年2月から活躍していました。
    その中の一部は0系同様レールスターのイメージでグリーン・濃灰帯の塗色となりました。

    • いいね!

      35がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/7/27

    • 2
    • 0
  • 21
    Loading

    KATO KATO 4070 4071 4072 4076 新幹線200系4両セット

    200系新幹線は東北・上越新幹線用として開発されました。雪害対策として床下までおおったボディーマウント構造の車体と、先頭部のスカートに装備されたスノープロウ、窓周りのグリーンの帯が外観上の特徴です。
    本品は200系新幹線デビュー時にKATOより発売された製品で、当時Nゲージセット販売が珍しい時にセットとして発売されたものです。

    • いいね!

      35がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/1/24

    • 3
    • 2
  • 22
    Loading

    KATO 10−129 200系 東北・上越新幹線 6両セット

    200系新幹線電車は、昭和57年(1982)の東北・上越新幹線開業時に登場しました。東海道新幹線の0系をベースにしつつも走行線区の環境の違いに対応し、耐寒耐雪構造となったボディーマウント車体で、雪に強い新幹線として誕生しました。0系よりもさらに流線形が長くなったロングノーズの先頭車。スカートと一体となったスノープロウなど、重厚なスタイルとグリーンのカラーリングは引退した今でも人気の車両です。

    • いいね!

      36がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/3/2

    • 2
    • 0
  • 23
    Loading

    TOMIX 92641 200系 東北・上越新幹線 基本6両セット

    東北・上越新幹線用として開発された200系は、雪害対策として床下までおおったボディーマウント構造の車体と、先頭部のスカートに装備されたスノープロウ、窓周りのグリーンの帯が外観上の特徴です。
    1992年の山形新幹線の開業により、東北新幹線の一部の200系が400系「つばさ」を併結するようになりました。本品は400系と併結運転を行う「K編成」をプロトタイプとし、400系との連結構造を持つ222形も含まれています。

    ※222系はTOMIX 400系新幹線を連結することが可能です。

    • いいね!

      49がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/12/24

    • 4
    • 0
  • 24
    Loading

    TOMIX 2802 国鉄新幹線226形 中間車 (M)

    東北・上越新幹線用として開発された200系は、雪害対策として床下までおおったボディーマウント構造の車体と、先頭部のスカートに装備されたスノープロウ、窓周りのグリーンの帯が外観上の特徴です。

    • いいね!

      37がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/3/14

    • 1
    • 0
  • 25
    Loading

    マイクロエース A0264 新幹線200系0番台 「やまびこ」開業一番列車 基本8両セット

    1982(昭和57)年の東北・上越新幹線開業に伴って国鉄では200系新幹線電車を登場させました。
    走行線 区を考慮して徹底的な耐寒耐雪仕様として設計され、床下機器を車体下部で覆ったボディマウント構造や 電動機冷却風取入用雪切室の設置、先頭部のスカートに装備されたスノープローなどが外見上の特徴となっています。
    アクセントとなる緑色の帯が巻かれた車体は軽量化を考慮したアルミ合金製で、屋上のクー ラーがユニット化されて各車両2基ずつの搭載に改められました。
    1985(昭和60)年に製造されたグループからは240km/h運転に対応した100番台となり、屋上に高圧引通し線が設置されるなどの変化が見られます。

    • いいね!

      38がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/7/30

    • 2
    • 0
  • 26
    Loading

    マイクロエース A0261  200系1500番台新幹線 基本6両セット

    東北・上越新幹線用として開発された200系新幹線は、雪に強いことが特徴で、従来は 床に吊り下げていた床下機器をボディに直接取り付けたボディマウント構造を採用し、 床下をほぼ完全にスカートで覆うことにより床下機器への雪の巻込みがない。
    先頭部のスカートに装備されたスノープロー、窓廻りのグリーン帯が外見上の特徴である。当初 210キロ運転仕様であったが、昭和60年の上野開業に伴う240キロ運転対応で登場した1000番台からは、パンタグラフの半減使用を可能にするため特高圧ケーブルが屋根に設けられた。
    1000番台先頭車の車内割付の見直しにより、定員を5名増加させた1500番台も登場した。
    昭和57年の開業当初から活躍を続けた200系新幹線も老朽化が進み、 平成11年からリニューアル編成も登場してさらなる活躍を続けていた。

    • いいね!

      34がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/7/30

    • 2
    • 0
  • 27
    Loading

    マイクロエース A1596  200系1500番台 新幹線リニューアル 東北新幹線開業25周年号 基本6両セット

    1982(昭和57)年6月23日、東北新幹線が、また同年11月15日には上越新幹線が開業しました。
    200系はこれら北日本の豪雪地帯を安全に高速運転するために様々な工夫が凝らされた車両です。
    1999(平成11)年より、新型車両と接客設備を合わせる為に「リニューアル改造」が行われました。外見では運転台形状が一部変化した他、塗装が紺色とライトグレーのツートンをベースに、明るい緑色の線が入ったものに一新されました。
    2007(平成19)年、東北・上越新幹線開業25周年を記念する形で、この「リニューアル編成」が従来のクリーム色に 緑帯の入った塗装へ復元されました。
    6月23日には東北新幹線の開業25周年記念式典に起用されています。
    塗装が復元されたのは新潟新幹線車両センター(新ニイ)に所属したK47編成です。

    • いいね!

      44がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/1/4

    • 3
    • 0
  • 28
    Loading

    マイクロエース A0263  新幹線200系-0番台・ピンストライプ 基本8両セット

    1982(昭和57)年の東北・上越新幹線開業に伴って国鉄では200系新幹線電車を登場させました。
    走行線区を考慮して徹底的な耐寒耐雪仕様として設計され、床下機器を車体下部で覆ったボディマウント構造や電動機冷却風取入用雪切室の設置、先頭部のスカートに装備されたスノープローなどが外見上の特徴となっています。
    アクセントとなる緑色の帯が巻かれた車体は軽量化を考慮したアルミ合金製で、屋上のクーラーがユ ニット化されて各車両2基ずつの搭載に改められました。
    主制御回路にはサイリスタ連続位相制御が採用され、山岳地帯の走行を考慮した結果、主電動機出力が230kwに増強されました。
    200系0番台は12両編成36本が製造されました。
    1985(昭和60)年に製造されたグループからは240km/h運転 に対応した1000番台となり、屋上に高圧引通し線が設置されるなどの変化が見られます。
    また、同時に一部の0番台にも1000番台と同様の改造が行われて最高速度向上が図られました。
    このうちF52編成は1987(昭和62)年にシャークノーズスタイルの2000番台先頭車と交換されましたが、交換に先立って本来の0番台先頭車を含む全車ともピンストライプの入った塗装に一新されて異彩を放ちました。

    • いいね!

      42がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/1/4

    • 2
    • 0
  • 29
    Loading

    マイクロエース A1597 200系1500番台 新幹線リニューアル 東北新幹線開業25周年号 増結4両セット

    1982(昭和57)年6月23日、東北新幹線が、また同年11月15日には上越新幹線が開業しました。200系はこれら北日本の豪雪地帯を安全に高速運転するために様々な工夫が凝らされた車両です。1999(平成11)年より、新型車両と接客設備を合わせる為に「リニューアル改造」が行われました。外見では運転台形状が一部変化した他、塗 装が紺色とライトグレーのツートンをベースに、明るい緑色の線が入ったものに一新されました。 2007(平成19)年、東北・上越新幹線開業25周年を記念する形で、この「リニューアル編成」が従来のクリーム色に 緑帯の入った塗装へ復元されました。6月23日には東北新幹線の開業25周年記念式典に起用されています。塗装が復元されたのは新潟新幹線車両センター(新ニイ)に所属したK47編成です。

    • いいね!

      24がいいね!と言っています。

    • 登録日:2019/1/23

    • 2
    • 0
  • 30
    Loading

    TOMIX 92206 JR 200-2000系 東北新幹線 基本・3両セット

    1987年に東海道・山陽新幹線100系に準じたスタイルの先頭車を持つ編成が、200系に加わりました。
    これは上越新幹線「とき」の短編成化に伴って不足する先頭車を、中間車の先頭車化改造で補うと共に、先頭形状が大きく変更された221 2000形と222 2000形が増備されたことによるものでした。
    この際、先頭車に合わせて中間車にも窓下に細い帯が追加され、編成に組み込まれました。
    さらに1990年からは2階建てグリーン車もデビューし、東北新幹線で活躍していました。

    • いいね!

      44がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/1/4

    • 2
    • 2