みんなのコレクションが集まるミュージアム

File

鉄道模型 Nゲージ 私鉄編 その2 (近畿・中国・四国・九州)

鉄道模型Nゲージ近畿・中国・四国・九州 方面の私鉄車両です。

  • Loading

    マイクロエース A1970 近鉄10000系 ビスタカー・登場時 7両セット

  • Loading

    マイクロエース A1973 近鉄10000系ビスタカー・改造後 7両セット

  • Loading

    グリーンマックス 4064 近鉄 12200系 「スナックカー」 4輛編成セット (動力車付き) 4両セット

  • Loading

    マイクロエース A6281 近鉄18400系 更新車 4両セット

  • Loading

    マイクロエース A6282 近鉄18400系「あおぞらII世」号タイプ 2両セット

  • Loading

    グリーンマックス  4023 近鉄 22000系 ACE 基本4輛編成セット (動力付き) 基本・4両セット

  • Loading

    グリーンマックス 4171 近鉄 22600系 Ace 基本4輛編成セット (動力付き) 基本・4両セット

  • Loading

    グリーンマックス  4173 近鉄 22600系 Ace 基本2輛編成セット (動力付き) 基本・2両セット

  • Loading

    TOMIX 92609 近鉄 21000系 アーバンライナー 6両セット

  • Loading

    KATO 10−162 近畿日本鉄道 21000系電車「アーバンライナー」6両セット

  • Loading

    マイクロエース A6660 近鉄 23000系 「伊勢志摩ライナー」 登場時 6両セット

  • Loading

    マイクロエース A6661 近鉄 23000系 「伊勢志摩ライナー」 座席番号表示 6両セット

  • Loading

    マイクロエース A6665 近鉄23000系・伊勢志摩ライナー・ リニューアル 黄編成 6両セット

  • Loading

    マイクロエース A8290 近鉄 20100系 「あおぞら号」 登場時 6両セット

  • Loading

    マイクロエース A8291 近鉄20100系「あおぞら号」・改造後 6両セット

  • Loading

    マイクロエース A8292 近鉄20100系 「さよならあおぞら号・三重連」 9両木箱セット

  • Loading

    TOMIX 92049 近鉄 30000系 ビスタカー 4両セット

  • Loading

    TOMIX 92598 近畿日本鉄道30000系ビスタEXセット

  • Loading

    グリーンマックス 4572 近鉄 16000系 先頭車2輛セット (動力付き)

  • Loading

    グリーンマックス 4501 近鉄 16400系 Ace 基本2輛編成セット (動力付き)

  • Loading

    グリーンマックス  4505 近鉄 16600系 Ace 基本2輛編成セット (動力付き)

  • Loading

    TOMIX 92499 近畿日本鉄道 50000系 しまかぜ 基本3両セット

  • Loading

    マイクロエース  A3466 近鉄 8000系 新塗装 冷房車 基本4両セット

  • Loading

    マイクロエース  A3467 近鉄8000系 新塗装 冷房車 2両増結セット

  • Loading

    マイクロエース  A8062 近鉄8810系・京都奈良線・現行 4両セット

  • Loading

    マイクロエース  A8065  近鉄9200系・大阪線・現行 4両セット

  • Loading

    グリーンマックス  50593 近鉄 3220系 (KYOTO-NARAラッピング) 6輛編成セット (動力付き) 6両セット

  • Loading

    マイクロエース  A0661 京阪3000系  テレビカー 3次車  7両セット

  • Loading

    マイクロエース A0664 京阪3000系 テレビカー 更新車 8両セット

  • Loading

    マイクロエース A0669 京阪8030系 8両セット

  • 1
    Loading

    マイクロエース A1970 近鉄10000系 ビスタカー・登場時 7両セット

    近鉄10000系は1958年に登場した2階建車両を使用した日本初の特急用電車で、前後に連結する2両固定連結の電動車、連接式3両固定連結の中間付随車で構成され、需要に応じて4両、5両、7両編成を組めるよう工夫されています。
    中間付随車の両端にはビスタドームと名付けられた2階席が設けられましたが、のちに各社に登場する2階建て車とは異なり、アメリカのドームカーを思わせる展望室になっています。登場当初は紺色に窓周りがオレンジの塗装でしたが、1963年に10100系に合わせたオレンジに窓周りが紺色の塗装に変更されました。
    1966年にはモ10007が河内国分駅での踏切事故により、流線型から貫通型に改造されたほか、1970年には汚物処理装置取り付けに伴いサ10004の便所がク10003に移設されることになり、運転台が撤去されサ10003に形式変更されました。
    試作的要素が高かった事、そして他の特急車両と座席定員数が異なっている為に座席予約システムに組み込めない事などから、登場からわずか14年目の1971年に廃車されました。

    • いいね!

      48がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/11/27

    • 3
    • 0
  • 2
    Loading

    マイクロエース A1973 近鉄10000系ビスタカー・改造後 7両セット

    近鉄10000系は1958年に登場した2階建車両を使用した日本初の特急用電車で、前後に連結する2両固定連結の電動車、連接式3両固定連結の中間付随車で構成され、需要に応じて4両、5両、7両編成を組めるよう工夫さ れています。
    中間付随車の両端にはビスタドームと名付けられた2階席が設けられましたが、のちに各社に登場する2階建て車とは異なり、アメリカのドームカーを思わせる展望室になっています。
    登場当初は紺色に窓周りがオレンジの塗装でしたが、1963年に10100系に合わせたオレンジに窓周りが紺色の塗装に変更されました。
    1966年にはモ10007が河内国分駅での踏切事故により、流線型から貫通型に改造されたほか、1970年には汚物処理装置取り付けに伴いサ10004の便所がク10003に移設されることになり、運転台が撤去されサ10003に形式変更されました。 試作的要素が高かった事、そして他の特急車両と座席定員数が異なっている為に座席予約システムに組み込めない事などから、登場からわずか14年目の1971年に廃車されました。

    • いいね!

      43がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/10/23

    • 4
    • 0
  • 3
    Loading

    グリーンマックス 4064 近鉄 12200系 「スナックカー」 4輛編成セット (動力車付き) 4両セット

    近鉄12200系電車は、1967年に登場した近畿日本鉄道の特急形車両です。
    車内でビュッフェ営業を行なうための調理コーナーを設けたことから「スナックカー」の名称を与えられました。
    その後近鉄特急の主力車両として、1976年(昭和51年)までには166両も製造されています。
     
     

    • いいね!

      40がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/11/27

    • 2
    • 0
  • 4
    Loading

    マイクロエース A6281 近鉄18400系 更新車 4両セット

    近鉄18400系は昭和44年(1969年)に登場しました。
    京都~橿原間の特急列車運転に対応するため、橿原線の車体限界に対応した18200系同様の細身のスタイルとしてデビューしました。1977(昭和52)年より順次スナックコーナーの撤去が開始された後、1984(昭和59)年より車体更新工事が開始され、前面標識灯と一体となった種別・行先表示器や3分割の大型特急ヘッドマークの撤去などが行われ、内装が一新されました。
    早期の廃車が進行し、1997(平成9)年には唯一残存していた第9編成の塗装が18200系修学旅行専用車「あおぞらII」同様に変更され、特急標識、方向札差、側面方向幕の撤去などが行われました。

    • いいね!

      43がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/2/15

    • 3
    • 2
  • 5
    Loading

    マイクロエース A6282 近鉄18400系「あおぞらII世」号タイプ 2両セット

    近鉄1840系は昭和4年(1969年)に登場しました。京都~橿原間の特急列車運転に対応するため、橿原線の車体限界に対応した18200系同様の細身のスタイルとしてデビューしました。1977(昭和52)年より順次スナックコーナーの撤去が開始された後、1984(昭和59)年より車体更新工事が開始され、前面標識灯と一 体となった種別・行先表示器や3分割の大型特急ヘッドマークの撤去などが行われ、内装が一新されまし た。
    早期の廃車が進行し、1997(平成9)年には唯一残存していた第9編成の塗装が18200系修学旅行専用車「あおぞらI」同様に変更され、特急標識、方向札差、側面方向幕の撤去などが行われました。

    • いいね!

      38がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/2/17

    • 2
    • 0
  • 6
    Loading

    グリーンマックス  4023 近鉄 22000系 ACE 基本4輛編成セット (動力付き) 基本・4両セット

    近鉄22000系ACEは、10400系や11400系の置換を目的として1992年に登場した汎用特急車両です。
    12400系「サニーカー」シリーズから大幅にモデルチェンジした外観とともに、VVVFインバータ制御を特急車両として初めて採用し、最高速度は130km/hとなっています。
    2両編成と4両編成が存在し、いずれも全車電動車となっています。

    • いいね!

      31がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/3/21

    • 2
    • 0
  • 7
    Loading

    グリーンマックス 4171 近鉄 22600系 Ace 基本4輛編成セット (動力付き) 基本・4両セット

    次世代汎用特急車両として登場。22600Ace「エース」は、汎用特急車両22000系の全面改良型として平成21年に登場しました。
    デザインは22000系を踏襲しつつも前面デザインの変更、側面ガラスの大型化が行われています。
    本形式最大の特徴としてはパンタグラフなし先頭車に設置されている喫煙スペースで、外観上でも個別に設けられた窓ガラスが特徴的です。
    在来の特急車両12200系から22000系までと併結できるなど汎用特急車両として、また12200系の置き換え車両として増備されました。

    • いいね!

      34がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/3/21

    • 2
    • 0
  • 8
    Loading

    グリーンマックス  4173 近鉄 22600系 Ace 基本2輛編成セット (動力付き) 基本・2両セット

    22600系「Ace(エース)」は12200系の置き換えようとして搭乗した新型汎用特急車両です。
    2輌編成と4輌編成が存在し、パンタなし先頭車に設置された喫煙スペースは外観上でも本形式の特徴となっています。
    車体は22000系ACEを基として丸みを帯びた前面デザイン、拡大された側面窓、シングルアームパンタグラフなど、新しい要素を盛り込んだ設計となっており、他の特急車12200系~22000系までとの連結も可能となっています。

    • いいね!

      39がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/3/21

    • 2
    • 4
  • 9
    Loading

    TOMIX 92609 近鉄 21000系 アーバンライナー 6両セット

    近畿日本鉄道は、大阪・京都・奈良・名古屋・伊勢志摩を拠点とした大鉄道網を形成し、私鉄界最長の路線距離を持っています。
    1983年3月に登場した21000系<アーバンライナー>は名古屋~大阪間をノンストップで結んでいます。スピ-ド感を強調した前頭部デザインは塗色と共にそれまでの近鉄特急車のイメージを変えました。
    現在は、アーバンライナーplusにリニューアルされ活躍中です。

    • いいね!

      39がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/9/6

    • 3
    • 2
  • 10
    Loading

    KATO 10−162 近畿日本鉄道 21000系電車「アーバンライナー」6両セット

    近鉄の中でも花形の大阪と名古屋を結ぶ特急「アーバンライナー」。
    1988年に登場し、鋭い流線型のスタイルは人気があります。翌年1989年には鉄道友の会の「ブルーリボン賞」を受賞しました。
    本品は1次車登場時のスタイルを模型化で、実車は2002年からリニューアルを開始、順次「アーバンライナー・プラス」に変身しました。本品のスタイルは2005年4月に消滅しています。

    • いいね!

      42がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/11/25

    • 3
    • 0
  • 11
    Loading

    マイクロエース A6660 近鉄 23000系 「伊勢志摩ライナー」 登場時 6両セット

    近鉄23000系は伊勢・志摩の観光用特急用車両として1993(平成5)年に登場し、1995(平成7)年までに6両編成6本の36両が製造されました。
    前頭部は21000系「アーバンライナー」を基本とした曲面形状で、使用されているガラスは日本最大級のものとされています。6両編成のうち、4両は通常の座席車、1両は3列配置のデラックスシート、もう1両は近鉄初の「サロンカー」としてセミコンパートメント式の座席配置が採用され、グループ利用に対応した車内設備を持っています。
    VVVFインバータ制御方式を採用し、最高速度は130km/hを誇ります。
    23000系は日本の民鉄の中で最初に130km/h運転を開始した車両として大きな話題となりました。登場当初は難波・名古屋などから伊勢・志摩への特急として運用されていましたが、2001(平成13)年からは名阪特急等にも充当されるなど、幅広く活躍の場を広げました。

    https://youtu.be/N3DJhRyyC9A

    • いいね!

      43がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/11/27

    • 4
    • 0
  • 12
    Loading

    マイクロエース A6661 近鉄 23000系 「伊勢志摩ライナー」 座席番号表示 6両セット

    近鉄23000系は伊勢・志摩の観光用特急用車両として1993(平成5)年に登場し、1995(平成7)年までに6両編成6本の36両が製造されました。
    前頭部は21000系「アーバンライナー」を基本とした曲面形状で、使用されているガラスは日本最大級のものとされています。6両編成のうち、4両は通常の座席車、1両は3列配置のデラックスシート、もう1両は近鉄初の「サロンカー」としてセミコンパートメント式の座席配置が採用され、グループ利用に対応した車内設備を持っています。
    VVVFインバータ制御方式を採用し、最高速度は130km/hを誇ります。
    23000系は日本の民鉄の中で最初に130km/h運転を開始した車両として大きな話題となりました。
    登場当初は難波・名古屋などから伊勢・志摩への特急として運用されていましたが、2001(平成13)年からは名阪特急等にも充当されるなど、幅広く活躍の場を広げました。

    • いいね!

      41がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/8/5

    • 5
    • 0
  • 13
    Loading

    マイクロエース A6665 近鉄23000系・伊勢志摩ライナー・ リニューアル 黄編成 6両セット

    近鉄23000系は伊勢・志摩の観光用特急用車両として、1995(平成7)年までに6両編成6本の36両が製造されました。前頭部は21000系「アーバンライナー」を基本とした曲面形状で、使用されているガラスは日本最大級のものとされています。
    6両編成のうち、4両は通常の座席車、1両は3列配置のデラックスシート、もう1両は近鉄初の「サロンカー」としてセミコンパートメント式の座席配置が採用され、グループ利用に対応した車内設備を持っています。
    VVVFインバータ制御方式を採用し、最高速度は130km/hを誇ります。
    2012(平成24)年からは内外装をリニューアルした編成が登場しました。奇数編成はサンシャインレッド、偶数編成はサンシャインイエローを外板塗装に採用し、伊勢志摩の太陽と日差しをイメージした姿になりました。
    内装では喫煙室や 多目的トイレの整備、座席へのコンセント設置などの改良が行われたほか、座席布地色も変更され、イメージ を一新しています。

    • いいね!

      54がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/11/25

    • 2
    • 0
  • 14
    Loading

    マイクロエース A8290 近鉄 20100系 「あおぞら号」 登場時 6両セット

    近鉄20100系は1962年に登場した全車2階建の修学旅行・団体専用の車両で、「あおぞら」の愛称が付けられました。
    モ20100+サ20200+モ20300の3両編成を組み、中間車サ20200の1階部分に2両分の電動車用機器を搭載した特殊な構成で、1963年度の鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞しました。
    5編成15両が製造され、1~3番編成は大阪線用、4・5番編成は名古屋線用として活躍しました。後にスカート取り付け、列車無線増設のため、先頭車端部に低屋根化改造等が行われました。
    後継の5200系急行・団体兼用車や、18200系「あおぞらII」の登場により1989年に4編成が廃車、最後の1編成も20000系「楽」の登場により1993年に廃車されました。

    • いいね!

      44がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/2/17

    • 2
    • 0
  • 15
    Loading

    マイクロエース A8291 近鉄20100系「あおぞら号」・改造後 6両セット

    近鉄20100系は1962年に登場した全車2階建の修学旅行・団体専用の車両で、「あおぞら」の愛称が付けられました。
    モ20100+サ20200+モ20300の3両編成を組み、中間車サ20200の1階部分に2両分の電動車用機器を搭載した特殊な構成で、1963年度の鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞しました。
    5編成15両が製造され、1~3番編成は大阪線用、4・5番編成は名古屋線用として活躍しました。
    後にスカート取り付け、列車無線増設のため、先頭車端部に低屋根化改造等が行われました。
    後継の5200系急行・団体兼用車や、18200系「あおぞらII」の登場により1989年に4編成が廃車、最後の1編成も20000系「楽」の登場により1993年に廃車されました。

    • いいね!

      42がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/2/17

    • 4
    • 0
  • 16
    Loading

    マイクロエース A8292 近鉄20100系 「さよならあおぞら号・三重連」 9両木箱セット

    近鉄20100系は1962年に登場した全車2階建の修学旅行・団体専用の車両で、「あおぞら」の愛称が付けられました。
    モ20100+サ20200+モ20300の3両編成を組み、中間車サ20200の1階部分に2両分の電動車用機器を搭載した特殊な構成で、1963年度の鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞しました。
    5編成15両が製造され、1~3番編成は大阪線用、4・5番編成は名古屋線用として活躍しました。後にスカート取り付け、列車無線増設のため、先頭車端部に低屋根化改造等が行われました。
    後継の5200系急行・団体兼用車や、18200系「あおぞらII」の登場により1989年に4編成が廃車、最後の1編成も20000系「楽」の登場により1993年に廃車されました。
    1989年10月1日には、引退記念列車として京都・上本町・名古屋を出た列車が、八木・伊勢中川で併結し、中川- 鳥羽間を20100系初の9両編成で運転されました。

    • いいね!

      46がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/2/17

    • 3
    • 4
  • 17
    Loading

    TOMIX 92049 近鉄 30000系 ビスタカー 4両セット

    3代目のビスタカーとして1978年に登場した30000系は、ビスタカーの伝統である2階建て構造の車両を中間車2両に採用しています。
    この1階部分には中央に配置された側扉の両側に6人用のセミコンパートメント席を配し、2階席は2列のシートが通路をはさんで並んでいます。

    • いいね!

      45がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/11/27

    • 3
    • 6
  • 18
    Loading

    TOMIX 92598 近畿日本鉄道30000系ビスタEXセット

    3代目ビスタカーとして1978年に登場した30000系は、1985年までに15編成が登場、同系はビスタカー伝統の2階建て構造を中間車2両に採用したのが特徴です。
    1996年よりリニューアルが行われ、2000年には全車が「ビスタEX」となり現在も活躍中です。

    • いいね!

      41がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/10/14

    • 5
    • 0
  • 19
    Loading

    グリーンマックス 4572 近鉄 16000系 先頭車2輛セット (動力付き)

    1965年に営業運転を開始した近鉄南大阪線・吉野線用特急車両で、2両固定編成8本、4両固定編成1本が在籍しました。現在後継車である16400系ACEや16600系Aceの増備に伴い、初期に登場
    した一部の編成が引退しています。車体更新工事の施工状況により乗降扉の数やクーラーキセ形状などに違いがあります。なお、引退した車両の一部は静岡県の大井川鉄道に譲渡され、2013年現在も活躍中です。
    https://youtu.be/33DhHW7cH7U

    • いいね!

      33がいいね!と言っています。

    • 登録日:2020/2/8

    • 3
    • 0
  • 20
    Loading

    グリーンマックス 4501 近鉄 16400系 Ace 基本2輛編成セット (動力付き)

    16400系ACEは南大阪線・吉野線用の特急形車両として登場した22000系ACEの狭軌タイプで、2両編成2本が在籍しています。
    22000系ACEとは異なる扉・窓配置で、近鉄としては初のIGBT素子によるVVVFインバータ制御を採用しました。
    登場時は台車にヨーダンパが取り付けられていましたが、現在は撤去。登場時にはなかった座席表示が現在は側面客扉上部に表示されています。

    • いいね!

      36がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/3/20

    • 3
    • 0
  • 21
    Loading

    グリーンマックス  4505 近鉄 16600系 Ace 基本2輛編成セット (動力付き)

    16600系Aceは南大阪線・吉野線用の特急形車両として登場した22600系Aceの狭軌タイプで2両編成2本が在籍しています。ク16700には22600系Aceと同様に喫煙室を装備しています。
    なお、台車にはヨーダンパを装着していません。

    • いいね!

      38がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/3/20

    • 3
    • 0
  • 22
    Loading

    TOMIX 92499 近畿日本鉄道 50000系 しまかぜ 基本3両セット

    50000系「しまかぜ」は、2013(平成25)年に登場した近畿日本鉄道の特急車両です。同系は「最高のおもてなし・豊富なサービス・爽やかなデザイン」を目指し開発され、インパクトのある車体形状や爽やかさを表現した車体塗色、バリエーション豊かな客室などが特徴です。
    大阪、名古屋などから伊勢志摩への観光特急として活躍しています。

    • いいね!

      42がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/11/27

    • 3
    • 0
  • 23
    Loading

    マイクロエース  A3466 近鉄 8000系 新塗装 冷房車 基本4両セット

    近鉄8000系は1964(昭和39)年より奈良線・京都線用に製造された通勤電車で、車体幅拡大により裾絞りのある側面が特徴です。
    製造年次により屋根や台車に違いがあり、1966(昭和41)年製造の6次車からはラインデリア搭載により低屋根化されました。
    回生制動への改造(3両または4両固定編成)、冷房改造、塗装変更を経て現在も活躍中ですが、徐々に廃車が進んでいます。
    https://youtu.be/Td6S9sEE0FU

    • いいね!

      38がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/11/19

    • 4
    • 0
  • 24
    Loading

    マイクロエース  A3467 近鉄8000系 新塗装 冷房車 2両増結セット

    雨天時も快適な換気ができるようにラインデリアを搭載した近鉄8000系も1973年から冷房車の8600系が登場し、在来車も翌年から順次冷房改造されることとなりました。
    第1編成の8023Fは連続形のキセでしたが、第2編成からは2ヶずつセットにした格好となり、冷風ダクトも省略されて雰囲気が変わりました。
    元ラインデリア車は車高が低いために、クーラーが他の車両よりも飛び出して見えます。商品は2両編成の8075F・冷房改造車現塗装です。

    • いいね!

      41がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/1/8

    • 2
    • 4
  • 25
    Loading

    マイクロエース  A8062 近鉄8810系・京都奈良線・現行 4両セット

    1981(昭和56)年、近鉄では新しいデザインの通勤用車両8810系を製造しました。京都・奈良線用として活躍を始めました。
    8810系をベースに2両編成にしたのが9000系で、当初は京都・奈良線で使用されていましたが2003(平成15)年から順次名古屋線へ転属し、一部の編成はワンマン改造を受けて活躍しています。
    8810系をベースに3両編成にしたのが9200系で、当初は京都線で使用されていましたが、のちにサ9350型(のちに9310型に改番)を組み込んで4両編成化されています。
    この時に組み込まれた中間車は製造時期が異な ることから車体形状が当初の3両とは異なることが特徴です。
    2006(平成18)年から翌年にかけて4編成中3編成が大阪線に転属しました。

    • いいね!

      35がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/3/20

    • 2
    • 0
  • 26
    Loading

    マイクロエース  A8065  近鉄9200系・大阪線・現行 4両セット

    1981(昭和56)年、近鉄では新しいデザインの通勤用車両8810系を製造しました。
    京都・奈良線用として活躍を始めました。8810系をベースに2両編成にしたのが9000系で、当初は京都・奈良線で使用されていました が2003(平成15)年から順次名古屋線へ転属し、一部の編成はワンマン改造を受けて活躍しています。
    8810系をベースに3両編成にしたのが9200系で、当初は京都線で使用されていましたが、のちにサ9350型(のち に9310型に改番)を組み込んで4両編成化されています。
    この時に組み込まれた中間車は製造時期が異なることから車体形状が当初の3両とは異なることが特徴です。
    2006(平成18)年から翌年にかけて4編成中3編成が大阪線に転属しました。

    • いいね!

      45がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/11/25

    • 2
    • 0
  • 27
    Loading

    グリーンマックス  50593 近鉄 3220系 (KYOTO-NARAラッピング) 6輛編成セット (動力付き) 6両セット

    近鉄3220系は、「人にやさしく、地球にやさしい」をテーマに開発された近鉄の次世代車両「シリーズ21」の第一陣として2000年3月に登場した車両です。
    京都市営地下鉄烏丸線乗入対応車で、近鉄の一般車では初のIGBT素子のVVVFインバータ制御装置が採用されました。
    京都・奈良ラッピングは、京都市営地下鉄烏丸線内から近鉄奈良駅までの直通急行運転開始を記念して登場したもので、京都・奈良への観光客誘致を目的に、京都・奈良の代表的な風景が描かれたラッピングが施され、2011年7月まで運
    行されていました。

    • いいね!

      37がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/11/19

    • 3
    • 0
  • 28
    Loading

    マイクロエース  A0661 京阪3000系  テレビカー 3次車  7両セット

    京阪3000系は、1971年に登場した冷房付きのテレビカーで、1973年まで3次にわたり新製されました。
    デザインは車体下部を絞って正面窓に曲面ガラスを採用するなど、洗練された外観になっています。
    車内は一斉自動転換装置付のオールクロスシートが並び、側窓は下段固定式です。
    6連5本・7連4本の計48両が永らく活躍してきました。
    1989年新形式8000系が増備され、3000系も同時に増備された8000系中間車を挿入して全列車が7連化されました。
    8000系の増備により1990年から廃車が始まり、一部の先頭車は富山地方鉄道や大井川鐵道に売却されました。
    1993年夏には遂に残り1編成となり、その1編成は1995年に大幅な更新工事が行われて8000系と同等の内装となりました。特徴的な2階建て車両も連結され、車体側面には時代祭の行列絵が描かれています。

    • いいね!

      36がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/1/8

    • 3
    • 0
  • 29
    Loading

    マイクロエース A0664 京阪3000系 テレビカー 更新車 8両セット

    京阪3000系は、1971年に登場した冷房付きのテレビカーで、1973年まで3次にわたり新製されました。
    デザインは車体下部を絞って正面窓に曲面ガラスを採用するなど、洗練された外観になっています。
    車内は一斉自動転換装置付のオールクロスシートが並び、側窓は下段固定式です。
    6連5本・7連4本の計48両が永らく活躍してきました。1989年新形式8000系が増備され、3000系も同時に増備された8000系中間車を挿入して全列車が7連化されました。
    8000系の増備により1990年から廃車が始まり、一部の先頭車は富山地方鉄道や大井川鐵道に売却されました。1993年夏には遂に残り1編成となり、その1編成は1995年に大幅な更新工事が行われて8000系と同等の内装となりました。
    特徴的な2階建て車両も連結され、車体側面には時代祭の行列絵が描かれています。

    • いいね!

      42がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/11/24

    • 4
    • 0
  • 30
    Loading

    マイクロエース A0669 京阪8030系 8両セット

    京阪3000系は1971(昭和46)年に特急7連化に対応して登場した特急用車両です。
    京阪電鉄では初めて冷房付のテレビカーとなり、好評を博しました。
    8000系の増備が進むごとに3000系は引退し、最終的には7連1本と予備車が残存することになりました。1995(平成7)年には大規模な更新工事が行われ、二階建て車両が登場しました。1998(平成10)年には予備車を改造した中間車が登場し、8両編成化が行われました。
    2008(平成20)年には快速急行用の「3000系」が新たに登場したことから、これら旧3000系は8000系に改番されることとなり、新たに30番台が与えられています。

    • いいね!

      35がいいね!と言っています。

    • 登録日:2021/3/20

    • 4
    • 0