マイクロエース A6187 キハ53-504・急行色・縦雨樋なし

0

急行用気動車として昭和36年3月に北海道用キロ26・キハ27・キハ56が登場し4月には信越線用キロ27・キハ57が登場し、5月に本州用キロ28・キハ28・キハ58が製造されました。
3形式共20番台(キロ26、キハ27/28)は1エンジン、50番台(キハ56/57/58)にはエンジンが2基搭載され、長期に亘り大量に増備されているので形状に変化が見られます。
国鉄時代の昭和61年から北海道用のキハ56に廃車となったキハ27の運転台を接合し両運転台化したのがキハ53500番台で10両が登場しました。
宗谷本線・石北本線・深名線・札沼線で使用されましたが全車廃車となりました。

Default