マイクロエース A8384 キハ185系 お召 4両セット

0

キハ185系は昭和61年より四国地区向けに製造された特急型気動車です。
ボディは軽量ステンレス製で、各車にDMF13HS型エンジン(250ps/1900rpm)を2基(キロハ186形のみ1基)を装備する事で、高い走行性能を誇ります。
また各車がサービス電源装置を持ち、2両編成から長編成まで柔軟な編成を組むことが可能です。
昭和63年のJR化後も製造が続けられ、総数は52両になりました。
平成4年には20両がJR九州に譲渡され、キロハ186形の2エンジン化・普通車化改造などが行われた上で特急「ゆふ」や「あそ」などに充当されました。
平成31年、JR九州にてキハ185系を使用したお召列車が2回運転されています。
1回目は平成14年11月18日に松浦鉄道たびら平戸口-大村線大村間を片道のみ、2回目は平成18年10月30日~31日にかけて唐津線佐賀-唐津間を往復にて運転されました。
いずれも4両編成で、前面に大きな日章旗が掲げられました。

Default