MODEMO NT124 京福電鉄 モボ621形 "京紫塗装"(M車)

0

モボ621形は旧型車の置き換え用に「新・嵐電スタイル」の最初の車輌として、平成2年に2両がデビューしました。
前面窓は旧型車の3枚窓から細いピラーで分割された大型の2枚窓になり、これが「新・嵐電スタイル」としてその後の嵐電車両のスタンダードな前面デザインとなっています。
モボ621形は平成7年から平成8年にかけて3両が増備され、在籍数は5両となっています。
2010年以降、モボ621形の標準塗装は京紫の車体色に更新されています。
見る角度や明るさによって微妙な変化を見せる深みのある紫色の車体色は、この塗装の車両が増備されるに従って沿線や鉄道ファンに徐々に人気され、好評を持って迎えられています。

Default