ヘルパ 1/500 B747–100 シティ・オブ・エバレット (ハウスカラー)

0

ボーイング747 -100
シティ・オブ・エバレット
レジなし

ボーイング社が開発し、製造する大型ジェット旅客機シリーズで大型旅客機の愛称として定着している"ジャンボジェット"の愛称はこの機体から始まった。
初飛行は1969年より始まり、様々な改良を重ねゆき、半世紀以上に渡ってなお生産が続けらていたロングセラー機である。
エアバス社のA380が初飛行するまでは世界最大の民間航空機であった。
開発当初より日本では日本航空が早くもローンチカスタマーとなり、747シリーズの受注数が113機と最大カスタマーであったと言われている。
機体は-100型、SR型、SP型、-200B型、-300型、-400型、-400D、-400ERと派生派も多く、中でもSR型はShort Range(短距離)の意味を示し、747のキャパシティを活かして日本国内の運行が中心(短距離機種ながら全日空はホノルルとシドニーに飛ばした経歴がある)という短距離線に特化した日本特注のシリーズである。
現在は貨物型の-8シリーズを最後に747シリーズは生産を終了したが、この8シリーズの競合機はA380だった。
しかし、A380も受注減により生産終了が決定され、新規開発がない限り航空界から四発機が消滅することとなる。
モデルは747の初号機であるシティ・オブ・エバレット。
この機体は現在、シアトルの航空博物館・西館にて展示保存されている。

Default