ヘルパ 1/500 スイス航空 B747-300 オールドカラー

0

スイス航空 B747-300 オールドカラー
レジ HB-IGD

ボーイング社が開発したB747の派生モデルの一つで、アッパーデッキ(2階客室部分)を延長し客席を増やし、これは登場当初、世界最大の客席数を持つ旅客機であった。
この頃より2階客室部分を7.11メートル延長したことや、アッパーデッキへの階段がL2/R2ドア付近ヘ設置され、階段の形状も全て直線式になるなど、すでに後の400型の特徴になったものが、見受けられる。
スイスのフラッグシップであったスイス航空(現・スイス インターナショナル エアラインズ)では、1982年にロールアウトした初号機を導入し、2000年初頭まで活躍した。
このスイス航空の747–300は、日本にも飛来経歴があり、かつては新東京国際空港(成田空港)で見ることができた。
日本に飛来する時は、香港を経由して来ることが多かった。
モデルは旧塗装で、ヘルパウィングスでは同機のモデルを初期ギアの頃にいち早くモデル化した。
2013年には現在の技術でリニューアルされている。

Default