ヘルパ 1/500 エア・カナダ B747–400

0

エア・カナダ B747–400
レジ C-GAGL

国際線の長距離用として開発されたB747-400はそれまでのクラシックジャンボをベースとしつつも客席室を延長したストレッチ型とし、主翼部分のウィングレット装着を初め、胴体と主翼の取り部分に空気抵抗を低減するためのフェアリングを追加するなど様々な試しみが盛り込まれ"ハイテクジャンボ"の愛称を持つ。
エア・カナダ(日本では"カナダ航空(カナダこうくう)"とも呼ばれる。)では、当機材がロールアウトした1991年に3機を自社発注した。
エア・カナダは、2002年に経営悪化していたカナディアン航空を吸収した。
吸収後、カナディアン航空が所有していた400型が、そのままエア・カナダの保有機材になったものが多く、最終的には7機保有していた。
エア・カナダの400型は2005年までに全てが退役している。
モデルは発売時よりしばらくの合間、旧ギアであったが、スターアライアンスマークが入ってNGギアにリニューアルした物。
モデルになったレジC-GAGLはエアカナダが自社発注したうちの一つ。

Default