鉄道コレクション 第31弾 北陸鉄道03系 03-139

0

東京メトロ03系は日比谷線様に開発された車両で1961年に登場し老朽化していた営団3000系を置き換えるべく1988年に登場した。
2015年に当車両の置き換え車両として13000系が落成して2020年に引退するまでの32年間日比谷線で活躍した。
引退後は、一部の車両が他社へと譲渡されはじめ、北陸鉄道にも第29編成と第39編成が一編成ずつ譲渡され浅野川線に導入された。
譲渡されるにあたって、東京メトロが車両整備の請負工事を担当し、帯色は東京メトロ時代のグレーからオレンジとなり、正面の方向幕をフルカラーLED化された。
また、正面連結器下にはスノープラウが新設され、車内にはLCD式のデジタルサイネージを新設している。

Default