ヘルパ 1/500 中国国際航空 B747-400

0

中国国際航空 B747-400
レジ B-2447

国際線の長距離用として開発されたB747-400はそれまでのクラシックジャンボをベースとしつつも客席室を延長したストレッチ型とし、主翼部分のウィングレット装着を初め、胴体と主翼の取り部分に空気抵抗を低減するためのフェアリングを追加するなど様々な試しみが盛り込まれ"ハイテクジャンボ"の愛称を持つ。
中華人民共和国のフラッグ・キャリアである中国国際航空では、747-400型の導入を1990年に初めて導入するといった400型落成時の早い段階から導入している。
同社では14機が導入され、中には少数ながらも2022年現在も活躍している機体がある。
モデルはヘルパが新ギアになった初期の頃に発売したもの。

Default