ヘルパ 1/500 B737-700 (ハウスカラー)

0

B737-700
レジ なし

B737は1967年に登場した ボーイング社が製造する小型ジェット旅客機である。
初飛行以来、半世紀にわたって改良を重ねつつ2018年2月までに各種バリエーション累計10,000機以上超えるというジェット旅客機の一シリーズとしては史上最多、商用輸送機の歴史でも屈指のベストセラーかつロングセラー機である。
客席クラスは基本100-200席程度で、設備が貧弱な地方の中小空港や、騒音規制の厳しい大都市の空港間を頻繁に離着陸する短距離路線において使用されることを想定して開発された機体で、短い滑走路での離着陸および短時間での巡航高度への上昇を実現するために、主翼に比較的強力な高揚力装置を装備され、主脚は機体の「くぼみ」にはめ込むタイプにして、引き込んだ状態でも車輪の側面が剥き出しになる構造とし、飛行中の外気導入による自然冷却効果、さらに、エアステア(機体内蔵式階段)をオプションで装着できたり、短距離路線での低コスト運航を実現するために新たな試しみが取り入れらている。
また、ボーイング製のジェット旅客機として初めて2人乗務が可能となった機体でもある。
この機体の大ヒットを受けて、マクドネル・ダグラス社では DC-9やMD-80、エアバス社A320では同じクラスのジェット旅客機が対抗馬として製造された。
島国かつ短距離路線が多い日本でもA320と並んで、一番多く見られる機体である。
700型はネクストジェネレーションと呼ばれる737シリーズの第3世代型となる機体である。
エアバスA319の対抗馬として、また737-300の後継として開発された。
基本型で空力改善のた737-300より胴体が少々延長されているものの、客室の長さは変わらない。
派生型に貨客両用型の737-700Cや、燃料タンク増設などにより最大で10,000kmを越える航続距離を持った航続距離延長型の737-700ERがあり、このうち日本では全日本空輸が国際線用に700ERを所有していたことがある。
モデルはヘルパが旧ギア時代に発売したボーイングハウスカラーシリーズより。

Default