全日空商事 1/500 ANA A380 FLYING HONU 初号機 JA381A

0

ANA A380 FLYING HONU 初号機
レジ JA381A

A380はエアバス社によって開発、製造された超大型ワイドボディ機。
世界初の総2階建旅客機で、旅客機としては世界最大の機種である。
全日本空輸では、2019年より東京/成田〜ホノルル線にA380型機を3機投入した。
全機ともウミガメの塗装となっており、愛称には「FLYING HONU(フライングホヌ)」(就航地のハワイで神聖な生き物とされる「ホヌ(ウミガメ)」にちなんだ「FLYING HONU(フライングホヌ=空飛ぶウミガメ))と名付けられている。
座席数は1階がエコノミークラスとなり383席、2階がファーストクラス8席、ビジネスクラス56席、プレミアムエコノミークラス73席の計520席となっている。
1階後方は日本の航空会社で初となるカウチシート「ANA COUCHii」(アナ カウチ)が設置され、これはエコノミークラス運賃への追加料金でレッグレストを上げてベッドのように利用することができるシートである。
モデルはハワイの空をイメージしたブルーの初号機(機体記号 レジ JA381A)で、2019年3月14日より運行開始した。
実機と同じく、機体裏に「ANAロゴ」が入り、好きな方向に角度を変えられるスタンド付き。

⚠︎本品はダイキャストモデルではありません。

Default