マイクロエース A1250 国鉄南武線 EF13-18・ホキ2500 1次型・ヨ5000 10両セット

0

ホキ2500は、35t積の石灰石専用ホッパー車で、1967年から192両製造されました。
空気圧制御の自動開閉により、車体の両側下部へ荷卸し可能となっており、台車はコロ軸受を用いたTR213で、車体色は赤3号です。
関東地区では奥多摩~浜川崎間で、1998年まで使用されました。
名古屋地区では美濃赤坂~笠寺間で使用され、粉塵の飛散防止のため屋根にカバーが付いていたのが特徴です。同形態の私有貨車であるホキ9500に編入された車両もあります。
1 次型は、車体の裾に丸い板が貼られており、車体裾にこびり付いた石灰石をハンマーで叩いて落とすための場所として使われていました。

Default