KATO 16001-3 鹿島臨海鉄道6006 ガールズ&パンツァー仕様ラッピング列車

0

臨海工業地帯での原料や製品輸送を主とる貨物鉄道会社でしたが、国鉄民営化の過程で建設が凍結されていた未開業の鹿島線を引き継ぐ形で、昭和60年(1985)に大洗鹿島線(水戸-北鹿島間53km)が開業、旅客営業を開始しました。(北鹿島駅は現在の鹿島サッカースタジアム駅です。)
そこで活躍するのが6000形気動車で、国鉄のキハ37に準じたディーゼルエンジンと2扉セミクロスシート(クロスシート部に転換シート装備)の内装に、トイレや冷房装置を装備して、開業時に6両が登場、その後増備されて総数19両が活躍しています。
鹿島臨海鉄道で平成24年(2012)11月に運用を開始した、人気アニメ「ガールズ&パンツァー」
のラッピングを施した6000形は好評を博しました。

Default