マイクロエース A7490 E721系 0番台 4両セット

0

E721系は仙台空港鉄道開業に伴う直通運転開始と仙台地区の老朽車置換え用として、2006(平成18)年にJR東日本が登場させた車両です。
乗降用扉下部にあったステップを廃止することでバリアフリー化を推進するため、小径車輪の採用や床下機器のコンパクト化によって従来の車両よりも大幅な低床化が行われ従来車に比べてボディが下まで伸びた特徴ある外見を持っており、室内はセミクロスシートで、座席寸法の 拡大などによってゆとりある空間を提供しています。

Default
  • File

    塚原ユズル

    2020/08/01

    旧型の701系と連結した編成もたまに見かけます。

    返信する
    • File

      Railwayfan

      2020/08/01

      コメントありがとうございます。
      701系とE721系の混結編成ですね。
      東北地区に行くと色々な701系が走ってて、面白いです。

      返信する