マイクロエース 【A0351】 115系 3000番台・冷房車・瀬戸内色 基本4両セット

0

1982年11月改正で下関地区の快速等に使用されていた153系を置き換える目的で115系3000番台が登場しました。
編成短縮による増発を行いフリークエントサービスを図るモデルケースとして注目を集めてデビューしました。
115系の中でも異色のグループで、正面は115系のスタイルながらも車体は2扉セミクロスシートで、側窓は2 連タイプのものとし、クロスシート部は転換クロスシート、車端部はロングシートです。
その他の部分は115系 2000番台を基本としています。
また1992年には221系の増備により岡山地区へ転出される117系のうち、短編成化のため余剰となった中間車を3500番台として115系に編入しました。
こちらは制御回路の改造・転換クロスシートの一部ロングシート化改造が実施されています。
当初11ユニット22両が改造されましたが、2001年に3ユニット6両が追加改造されました。

Default