マイクロエース A6183 キハ53-1000番台 西日本・急行色

0

1986(昭和61)年、急行列車の増結用としてキハ58を両運転台化改造して登場したのがキハ53-100番台です。
当初は七尾線で普通列車の増結用として使用されていましたが、七尾線電化に伴って富山に転出し、高山本線で使用され、高山本線のキハ120化後には高岡鉄道部に転出し、 氷見線・城端線のローカル輸送用として活躍しましたが、2006(平成18)年までに引退しました。

Default