マイクロエース A6074 キハ140+47 いさぶろう・しんぺい 増備車連結 3両セット

0

JR九州では1996(平成8)年、肥薩線人吉~吉松間に「いさぶろう・しんぺい」の愛称を持つ観光列車を登場させました。2004(平成16)年3月、九州新幹線新八代~鹿児島中央間の開業に伴って、車両はキハ40系を改造したものに変更されました。
外見では展望室部分に設けられた屋根まで回り込む大型の曲面ガラスのほか、増設されたヘッドライトが特徴です。
同年10月よりキハ47-9082、2009(平成21)年7月よりキハ47-8159が増結 車両として追加改造され、多客期には最大3両編成で運転されています。

Default
  • Animals 16

    Jason1208

    2022/5/22 - 編集済み

    鹿児島線で運行してる「いさぶろう・しんぺい」+「やませみ・かわせみ」です。
    とっさにスマホで撮ったので、分かり難い画像です。

    File
    返信する
    • File

      Railwayfan

      2022/5/22

      コメントありがとうございます。
      これはまさかの混結編成!
      この編成はやませみ・かわせみの編成にいさぶろう・しんぺいを予備車とした入れた編成です。
      この予備車に使用されている車両とはやとの風を使用して長崎新幹線用の観光列車ふたつ星4047として生まれ変わります。
      (これにより、はやとの風は廃止されます。)

      File
      返信する