マイクロエース  A8062 近鉄8810系・京都奈良線・現行 4両セット

0

1981(昭和56)年、近鉄では新しいデザインの通勤用車両8810系を製造し、京都・奈良線用として活躍を始めました。
8810系をベースに2両編成にしたのが9000系で、当初は京都・奈良線で使用されていましたが2003(平成15)年から順次名古屋線へ転属し、一部の編成はワンマン改造を受けて活躍しており、8810系をベースに3両編成にしたのが9200系で、当初は京都線で使用されていましたが、のちにサ9350型(のちに9310型に改番)を組み込んで4両編成化されています。
この時に組み込まれた中間車は製造時期が異な ることから車体形状が当初の3両とは異なることが特徴です。
2006(平成18)年から翌年にかけて4編成中3編成が大阪線に転属しました。

Default