A3390 E491系 「East i-E」 3両セット

0

JR東日本では老朽化した電力・信号・通信・起動関係の検測車の置換用として、2002(平成14)年 6月に新しい電気・軌道総合試験用の交直流電車E491系「East i-E」及び気動車キヤE193系 「East i-D」を製造しました。
車体はE257系を基本としたアルミニウム製で、車体や塗装は両者とも ほぼ同様ですが、屋根上・床下は大きく異なります。
現在E491系は勝田車両センター(水カツ)に、E193系は秋田車輌センター(秋アキ)に配置され、 JR東日本および乗入可能な私鉄各社で検測を行い、安全な鉄道輸送を支えています。

Default