マイクロエース A7190 名鉄 キハ8500系 5両セット

0

名鉄では1991(平成3)年、高山本線乗入特急「北アルプス」用キハ8000系の後継としてキハ8500系を登場させました。
当時JR東海が特急「ひだ」用として投入していたキハ85系と連結可能な性能で、英国製エンジンを搭載して最高速度は120km/hを誇ります。
先頭車(キハ8501〜8504)、中間車(キハ8555)の合計5両が登場し、このうちキハ8501と8502の前面貫通路はキハ85と同寸法に合わせられました。
車体は丸みを帯びた普通鋼製で、名鉄1000系を踏襲した大型側面窓、ハイデッカー構造の採用など眺望に配慮した客室が特徴です。
https://youtu.be/ZGYJeQHaxTk
車体色はアイボリーをベースにライトグリーンと山吹色の帯を配した爽やかなもので、窓回りはダークブラウンに塗られています。
登場以来、特急「北アルプス」および名鉄線内の一部特急で活躍しましたが、2001(平成13)年に引退しました。

Default