マイクロエース  A0348 キハ281系 特急「スーパー北斗」FURICO281 基本6両セット

0

キハ281系は、特急列車のスピードアップのためJR北海道で製作された振子式気動車で、1992年に試作車が登場して約2年間の試験の結果、1993年12月に量産車が登場しました。
1994年3月改正から函館と札幌を結ぶ「スーパー北斗」に投入され、線路改良と合わせて従来の特急「北斗」より30分もの時間短縮が図られました。
先頭部には「 Hokkaido Express Advanced Train」という意味を示す「HEAT281」というロゴが入っていましたが、2002年に789系電車が登場した際に「FURICO281」と変更されました。現在3両の試作車と合わせて27両が函館運転所に配属されています。

Default