マイクロエース A0643 811系0番台 スペースワールド号 4両セット

0

JR九州が他輸送機関との競争が激しい北九州・福岡を中心とした北部九州地区に、快速列車網の整備拡充および車両の質的改善をめざして、1989年7月に登場させたのが811系近郊型交流電車です。
最高運転速度は120km/h、車体は軽量ステンレス製、3扉両開きで輸送力を確保しながらも転換クロスシートを採用し、グレードの高いアコモデーションを提供しています。
前面形状は貫通式ながらも前面を傾斜させた個性的なフォル ムとなっています。
外観は赤と青の短いラインがアクセントに入っています。
全112両が南福岡電車区(本ミフ)に配属されています。
当セットは0番台のPM11編成で、1990年4月22日枝光駅付近に開業したテーマパーク「スペースワールド」にちなんだ塗装を施された編成です。
以前はブルーの塗装でしたが1996年秋にリニューアルされ、春・夏・秋・冬をイメージするスペースワールドのマスコットキャラクターのステッカーが貼られています。
主に鹿児島本線の快速「スペースワールド号」で活躍しました。

https://youtu.be/YRq9uuqXMeY

Default
  • Animals 16

    Jason1208

    2020/10/12 - 編集済み

    スペースワールド2004年4月。
    これ多分、助走中のコースターから撮ってますね。

    File
    返信する
    • File

      Railwayfan

      2020/10/12

      スペースワールド懐かしいですね〜。
      閉園してから2年くらい経ちますでしょうか。
      ジェットコースター好きなんですが、この写真のヴィーナスやタイタンに何度乗ったことやら^_^
      北九州周辺にお住まいの方は一度は行ったことあるのではないでしょうか。
      中学生の頃に、友達と電車に乗って関門トンネルを潜って遊びに行った思い出が蘇ります。
      あゝあの頃に戻りたい(*´꒳`*)

      返信する