マイクロエース A8254 キハ183系5200番台 ノースレインボーエクスプレス 5両セット

0

ノースレインボーエクスプレスは、192年に「アルファコンチネンタルエクスプレス」の置換え用として製造されたリゾート列車で、愛称は公募により決定されました。
客室は高床式を基本として展望性を重視した構 造になっています。編成順にラベンダー・ブルー・ライトグリーン・オレンジ・ピンクのテーマカラーが設定さ れており、カラフルな外観になっています。
青函トンネル通過対策が実施されており、機関車牽引により本州への乗り入れが可能です。
登場当初は3両編成で暫定的に運行を開始しましたが、1992年12月にキハ 182-5251と2階建て車両のキサハ182-5201が加わり5両編成となり、暫定的に使用されていた3両の塗装が変更されました。

Default
  • File

    db108

    2021/09/02 - 編集済み

    一度乗ってみたい車両です。
    模型ですが、マイクロエースは北海道のジョイフルトレインは全て製品化していると思っていましたが、意外にも製品化されていない車両が数種類あるようですね。

    返信する
    • File

      Railwayfan

      2021/09/02

      コメントありがとうございます。
      私も同じく乗車したい車両です^_^
      はこだてエクスプレスや富良野ラベンダーなど意外と稼働率が高いんですが、乗れる機会がないです。
      未だにどこのメーカーもモデル化してない北海道のJTといえば、トマムサホロ、クリスタルエクスプレス、ニセコエクスプレスですかね。
      欲を言えばキハ56のミッドナイトやくつろぎも出ていないですね。
      キハ56の方は最近、モデルがリニューアルされるようなので、出る可能性が少し上がりそうですが(^^;

      返信する