マイクロエース 【A0710】 キハ47 更新車・高岡鉄道部旧塗装 4両セット

0

キハ40系は1952年から製造が開始されたキハ10系気動車、さらにキハ20系気動車の置 換用として作られた形式で、1977年に酷寒地用キハ40と暖地用のキハ47から40系気動車の製造が始まりました。
形式は両運転台車がキハ40、片運転台で両開扉車がキハ 47、片運転台で片開扉車がキハ48です。
キハ47はキハ45をベースにして車端部に出入 り口を設けず中央寄りに配置しており、扉は乗降しやすいように両開きとなっています。
0・500番台は便所付き、1000・1500番台が便所なしです。現在ではワンマン化やロング シート化・延命工事等、線区ごとに個別の改造・塗装変更が行われ、この形式のバリエーションは大変豊富です。
高岡鉄道部の白をベースにした黄色と青色の塗装は、2001年頃まで氷見線と城端線で活躍しました。

Default